免疫療法BAK療法

ガン治療免疫細胞「BAK療法」

【免疫細胞療法の有効性と限界】
我々は元々、ガンを克服する力を備えています。その証拠に、体の中では毎日5千個ものガン細胞が発生していますが、それらをNK(ナチュラルキラー)細胞などの免疫細胞が一つ残らず退治してくれています。そのために我々はガンを発症させずに済んでいるのです。これがいわゆる「免疫力」とか「自然治癒力」と呼ばれている生命力の一つです。
ところが加齢やストレス、環境の悪化、様々な化学物質、栄養の偏りなどいくつもの原因によって、この免疫力が低下すると、ガンが発症しやすくなってしまいます。実際にガン患者は総じて免疫力が大きく低下していることが分かっています。従ってガンを克服するためには、免疫力をいかに高い状態に保つかがたいへん重要です。

近年、ガンに対する有効な治療として「免疫細胞療法」が急速に普及しつつあります。採血された血液中の免疫細胞(NK細胞やCTL(細胞傷害性T細胞))を採取し、一定期間培養して増殖・活性化し、点滴にて体内に戻治療法です。
免疫細胞療法は、抗がん剤が効かないような難治性のガンに対しても著効を示すことがあり、従来のガン治療の限界を超える可能性があることから、手術、放射線照射、抗がん剤といった3大治療に代わる「第4のガン治療」などと呼ばれるようになりました。

しかしながら免疫細胞療法にも限界があることが分かってきました。すなわち免疫細胞療法が充分に効かないガンが少なからず存在するのです。例えば主要な免疫細胞療法であるCTL細胞療法では、ガン細胞の持つガン抗原(ペプチド抗原)と白血球抗原(HLA-Ⅰ)という2つの抗原(細胞表面の標識の一つ)を同時に認識して初めてガン細胞を攻撃することができます。
ところがガン細胞は進行するにつれて次第に抗原を提示しなくなります。ガンの種類などによって差はありますが、およそ70%の症例で抗原のうちの一つ以上を隠してしまいます。するとCTL細胞はガン細胞を認識できず、攻撃することが出来なくなってしまいます。これが従来の免疫細胞療法の限界といえます。

従来の免疫細胞療法の限界を打ち破る「BAK療法」とは?

BAK療法(BRM Activated Killer細胞療法)は、NK・γδ(ガンマデルタ)T細胞の力を利用してガン細胞を攻撃する新しい免疫細胞療法です。NK・γδT細胞はCTL細胞などとは逆に、正常細胞の抗原を認識し、それ以外の異常細胞やガン細胞を攻撃します。すなわちガン細胞が表面抗原を隠していた場合でも、お構いなしに攻撃するため、極めて高い治療効果が得られるのです。

NK・γδT細胞はそれ以外にガン細胞の抗原も独自に認識し、攻撃性を高めています。またNK・γδT細胞は正常細胞を全く攻撃しないため、副作用は殆んどありません。
さらに通常の免疫療法では約10~60億個まで免疫細胞を増殖させるのに対し、BAK療法ではそれを上回る約100億個まで免疫細胞(NK・γδT細胞・CTL細胞)を増殖させます。それに加えてインターフェロンやインターロイキン2など生理活性物質を利用した特許技術により免疫細胞を「高度活性化」し、ガン細胞への攻撃性を極限にまで高めています。

このように数々の優れた特徴を持つBAK療法は、実際の臨床に於いても群を抜く治療成績をおさめています。進行ガンを含むガン患者のうち、免疫力が保たれている群では76%の患者に効果があった、という統計があります。内訳は完全寛解および部分寛解が14%、長期不変が62%で、計76%が有効でした。抗がん剤などの標準療法や、従来型の免疫細胞療法の治療成績を上回る結果といえます。

またBAK療法は優れた延命効果が認められています。ガンの種類により差がありますが、全ての固形ガンの平均で49.2ヶ月という並外れた生存期間が得られました。すなわち4年を超える「長期生存」で、これは進行ガンとしては異例といえます。さらにBAK療法はガンの優れた「再発予防効果」も認められております。

BAK療法の実際の流れ

治療内容はいたってシンプルです。
血液を採取し2週間かけて培養し、点滴投与にて体内に戻します。
入院する必要はなく、通常の仕事や生活を続けながら治療を受けることが可能です。採血に要する時間は数分、点滴に要する時間は約1時間です。1回の採血量は培養用が20ml、検査用が12mlの合計32mlです。採取した血液は、当院が責任を持って専門の培養機関へ輸送し、培養した血液は同様に培養機関が責任を持って当院へ輸送します。但し輸送費は患者様にご負担を頂くことになっております。ご了承ください。

この採血→培養→点滴という2週間単位の流れを、1か月に1~4回の頻度で12回継続することが推奨されています。例えば2週間に1回の頻度で治療を行なった場合、約6か月間の治療期間となります。これで1クールとし、1クール終了時に医師との相談により2クール目以降の治療計画を立てます。

BAK療法の対象となる疾患

BAK療法では、血液中の免疫細胞を培養する関係上、白血病や悪性リンパ腫など血液の悪性腫瘍は対象外となります。これら血液の悪性腫瘍を除いた「全ての固形ガン」をBAK療法の対象としております。
なおHIV・HTLVウイルス陽性の方はお断りさせて頂いております。B型・C型肝炎ウイルス陽性の方は治療が可能です。

BAK療法 料金(1回あたり)

管理費  35,000円

ラドン浴や高濃度ビタミンC点滴療法との相乗効果

当院で行なっているラドン浴療法は、体を芯から温めて免疫力を向上させるほか、ガン細胞の抗原性を向上させて免疫細胞による攻撃を受けやすいように働きかけます。従ってラドン浴とBAK療法との間には相乗効果が認められます。

一方で高濃度ビタミンC点滴療法は過酸化水素(H2O2)によりガン細胞を攻撃することにより、やはりガン細胞の抗原性が向上し免疫療法による攻撃を受けやすいように変化します。また免疫力がたいへん高くなるのはラドン浴と同様です。
当院ではBAK療法とラドン浴、高濃度ビタミンC点滴療法との併用をお勧めしています。

詳しいアクセス・地図はこちらから