聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2012年11月30日 金曜日

高濃度ビタミンC点滴療法に「認定医」制度が生まれた背景とは・・?

(続き)・・高濃度ビタミンC点滴に限らず、血管の中に薬剤や栄養素、水分などを注入する点滴療法には一定の工夫と注意が必要です。薬剤の種類によっては副作用や事故の危険が伴うため、格段の注意深さが要求されます。10数年にわたりガン治療に携わってきた私の経験からも、とりわけ抗がん剤は慎重に注射または点滴をしなければなりません。抗がん剤はガン細胞だけでなく正常組織も傷害するため、血管から漏れたり量が多過ぎたりすると、かなりのダメージを蒙ってしまいます。

それに比べてビタミンCは、基本的に人体には無害で副作用もないため、抗がん剤ほどは警戒しなくても良いのかも知れません。しかしながら高濃度ビタミンC点滴療法では、通常の50倍から200倍もの「超高濃度」のビタミンCを注入するため、抗がん剤とは異なった工夫と注意が必要です。レモンの個数に換算すると、2千個から8千個にも相当する膨大な量です。従ってその点滴には一定のルールが存在します。それにも関わらず、ルールを守らず自己流でビタミンCの点滴をする医師が少なくありません。

そのルールの一つは点滴の「浸透圧」です。通常の点滴であれば、生理食塩水や5%ブドウ糖溶液、細胞外液や細胞内液に近い組成の点滴を、その時の体の状態に合わせて選び、薬剤や栄養素を混注して点滴します。ところがこのやり方で高濃度ビタミンC点滴を行なうと、点滴溶液の浸透圧が異常に高くなり、点滴を受けた患者がひどい血管痛を覚えるだけでなく、脱水状態や腎機能障害、心不全などの有害事象を招いてしまいます。そのような事態を避けるために、点滴の溶媒は必ず「蒸留水」を用います。

蒸留水をベースとした高濃度ビタミンC点滴溶液であれば、深刻な有害事象や血管痛は防げます。但し点滴速度にも注意が必要です。というのは、あまりに点滴速度が速いと血管痛を起こしやすいだけでなく、やはり心不全などの誘因となってしまいます。高濃度ビタミンC点滴は蒸留水とビタミンC溶液だけで行なう極めてシンプルな点滴療法ですが、特徴の一つとしてマグネシウムを混注するということが挙げられます。これは一つには血管痛を防止するためです。

さらに蒸留水そのものにも神経を使う必要があります。日常診療に於ける点滴で、蒸留水を用いることは殆んどありません。蒸留水をベースとした点滴では、あまりに浸透圧が低過ぎるからです。もし誤って蒸留水を単独で点滴してしまった場合には、血液の浸透圧が急速に低下して急性の溶血発作を起こし、最悪の場合は急性腎不全を併発して緊急透析などの処置を必要とする事態に陥ります。従って、蒸留水を単独で点滴をすることの決してないように、細心の注意が必要なのです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年11月30日 金曜日

高濃度ビタミンC点滴療法の認定医試験を受けて・・

11月18日(日)に、「点滴療法研究会」主催の高濃度ビタミンC点滴療法の認定試験を受験しました。5月のキレーション認定医に続いて2つ目の点滴療法認定医への挑戦です。前回もそうでしたが、試験前の数日間はかなり真剣に勉強しました。この年になって試験勉強をするというのは不思議な気がしましたが、試験を受けてみると、すごく充実感と達成感がありました。この気持ちで若き頃の受験勉強に臨んでいれば、結果はともかく、もっと活き活きと受験ライフを満喫できたのではないかと感じたほどです。

さて、その試験の結果はどうだったかというと、まだ分かりません。試験からおよそ1か月後の12月半ば過ぎに通知が来るということです。キレーションの時もそうでしたが、なぜ合否の通知まで1カ月もかかるのか疑問に感じたものです。ただ逆に1カ月も待たされることで、オアズケを食らった子供のように、待ち遠しく思う気持ちがつのってきます。実際にしばらくしてキレーションの合格通知が届いた時には、年がいもなく小躍りして喜んだものです。

結果はまだ分からないものの、かなり良い手応えはあります。同研究会による学習や情報収集のための資料が揃っていること、セミナーや研修会が充実していることなどが大きな助けになっています。それに加えて試験当日は午前から午後にかけて講習があり、その後に1時間の試験という構成になっていますが、この講習にしっかり参加していれば、試験問題はさほど難しく感じません。とはいえ試験のレベルはたいへん高く、勉強不足では不合格になる可能性が低くありません。

この認定試験に臨んだのは医師と歯科医師、それに獣医です。医師が大半で歯科医師や獣医はほんの数名ですが、歯科分野や動物医療の分野にもビタミンCなどの点滴療法が普及しつつあるとは驚きでした。犬や猫などのペットにはガンや生活習慣病など、人間並みの病気が蔓延していますので、ビタミンC点滴などの治療の需要はあるのでしょう。一方で医師は多数の分野に及び、内科は言うに及ばず外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、産婦人科、脳外科など様々な診療科の医師が試験に臨んでいました。

高濃度ビタミンC点滴は様々な病気に効果があり、中でもガンに対しては副作用のない有効な治療法として、開業医を中心に取り組む施設が増えてきています。ガン患者が増えていること、抗がん剤など従来の治療法の限界が見えてきていること、よりナチュラルな治療法を求める患者の要望が高まってきていること等がその背景にあります。そのような状況の中で、高濃度ビタミンC点滴療法の認定制度を設け、治療に取り組む医師に一定のライセンスを与えるのは、どのような事情によるのでしょうか・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年11月27日 火曜日

12月2日(日)ラドン&クリスタルボウル演奏会のご案内

蒲田よしのクリニックでは、オープン一周年記念として「ラドン浴に月1万円で入りたい放題」の企画を実施しています。
当初は1カ月か2か月の期間限定キャンペーンとする予定でしたが、予想を遥かに上回る反響のため、この企画をしばらく続けることにしました。

この企画にエントリーしてラドン浴に取り組む方は日に日に増えて、今では百人近くにのぼります。健康な方々もたくさんいらっしゃいますが、糖尿病やリウマチ、ガンなどご病気の方々も数多くおられます。

ラドン浴の企画と並行して「音楽」を活用した治療・健康法の実践にも取り組んでいます。9月からクリスタルボウルの演奏会とラドン浴を組み合わせたイベントを月1回のペースで開催していますが、こちらもたいへん好評のため、引き続き定期的に開催中です。

12月のクリスタルボウルのイベントは下記の要綱で、12月2日に開催予定です。

クリスタルボウルやすらぎ演奏体験会
日 時  2012年12月2日(日)
時 間  第1部 13時~  第2部 15時~
会 場  蒲田よしのクリニック
      東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1階
参加費  演奏を聴くだけの方 1,000円
       ラドン浴とセットの方 4,000円
定 員  演奏のみ 各回10名
      ラドン浴とセット 各回5名(完全予約制)
お申込  蒲田よしのクリニックへお電話かメールにてお申し込みください。
      TEL : 03-6424-7071  mail : kamatadesu1107@yahoo.co.jp

既に多数のご予約があり、11月27日現在、ラドン浴とのペアのご予約は定員まであと3名様となっております。ぜひお早めにお申し込みください!!
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年11月22日 木曜日

がんの原因の一つは「低体温」・・体温を上げる正しい入浴方法とは?

(続き)・・一方で、がんの発症を招く原因の一つとして重要視されているものに「低体温」があります。最近は若い女性を中心に35℃台という体温の低い人が目立ちますが、そのような低体温は代謝や免疫力、抗酸化力を低下させることによって、様々な病気や体調不良の原因となることが指摘されています。現実に、うつ病や糖尿病、リウマチ、がんの方々は多くが低体温の状態ですが、近年なぜ低体温の人が増えているのでしょうか。

その理由としては、持続的なストレスや人工的な環境、睡眠不足や運動不足、栄養バランスの偏りなど様々な要因が挙げられていますが、見方を変えると、適切な方法で体温を36℃台に安定させれば、大半の病気や体調不良を克服することが可能となってきます。がんの場合は特に、熱に弱いというがん細胞の特徴を逆手に取り、体の深部に熱を加えてがんを治療するような取り組みがなされており、優れた結果を挙げています。

毎日の生活の中で体温を上げる工夫としては、入浴が一番身近な方法です。ところが最近は、お風呂に入らずシャワーだけで済ます人が若年者などで増加しています。シャワーだけでは体の芯から温まらず、むしろ打ち水効果のため体が冷えてしまいます。一方で高齢男性などは熱いお湯にザブンと浸かるだけの人が目立ちますが、体の表面は温まるものの、意外と体の芯まで温まりにくいものです。

身体を温めるために推奨される入浴方法は、38℃から40℃という温めのお湯に、半身浴で15分から30分程度、ゆったりと浸かる方法です。これならば熱すぎず温すぎず、無理なく体を芯から温めることができます。また湯当たりなどの事故の危険も高くありません。さらにお湯に天然の岩塩や海塩、ショウガの絞り汁、ミカンの皮などを入れると、体を温める効果が一層上がります。

それに加えて運動への取り組みがお勧めです。がん治療と運動とは関係ないと考えられがちですが、そんなことはありません。適度な運動をすることによって筋肉などから熱が産生されることで体温が上がり、代謝が活発になり、さらには免疫力も向上するため、がんの病状に少なからず良い影響が加わります。また運動はストレス発散や前向きな気持ちを育むことにもつながり、精神的にも良い変化が生じます。

具体的な運動の方法としては、ラジオ体操やストレッチ運動などの簡単なものから始め、体力と相談しながらウォーキングやジョギング、水泳、ヨガなどの有酸素運動に取り組むことがお勧めです。さらに余裕があれば、スクワットや腹筋運動、プッシュアップなどの無酸素運動にも付加的に取り組むとなおベターです。体を積極的に動かし、がんに負けない体と心を育てていきたいものです。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年11月19日 月曜日

特に抗酸化力、免疫賦活作用の優れた食材は・・これです。

(続き)・・とはいえ果物や野菜が体に良くて、がんの予防になることは確かですが、現実には果物と野菜のフレッシュジュースを毎日のように多量に作って飲むというのは、実行が難しいものです。正直なところお菓子やステーキなどを食べてみたくなるものですし、友人や同僚との会食などでは美味しいものが欠かせません。従って実際の生活では、抗酸化力の特に優れた食材を活用しつつ、適度にご馳走を楽しみたいところです。

これを食べていれば必ずがんを予防できる、という万能の食べ物はありませんが、免疫力や代謝、抗酸化力をとりわけ向上させるような優れた食材は多数あります。野菜の中では例えばキャベツ、ブロッコリー、ニンジン、レンコン、ショウガ、ニンニク、タマネギ、ニラ、ピーマンなどが挙げられます。また果物ではリンゴ、トマト、ブルーベリー、プルーン、ミカン、キウイ、ブドウ、イチゴ、パイナップルなどが代表格です。

それと並んで海藻類とキノコ類がたいへん有用な食材です。昆布やワカメ、ヒジキ、海苔などの海藻類にはヌメリ成分の一つとしてフコイダンが豊富ですが、インターフェロンを増やして免疫力を向上させることが知られています。一方でシイタケやマイタケ、シメジ、マッシュルームなどのキノコ類にはベータグルカンという活性物質が含まれており、白血球を増やして免疫を賦活することが証明されています。

タヒチやインドネシア、ハワイ、サモアなど南洋方面で採れるノニという植物の果実が、がんに効果があるとして研究と臨床応用がなされています。タヒチ産は特に効能が優れており、強力な抗酸化力や免疫賦活作用があるイリドイドという活性物質が多量に含まれています。アメリカのジョンホプキンス大学では千五百人以上のがん患者にタヒチ産ノニジュースを投与し、70%弱に有効であったと報告されました。

がんを克服するには「腸内環境」の改善が欠かせません。腸の中では乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、一方でウェルシュ菌などの悪玉菌が共存しており、どちらが優勢かで健康状態が大きく左右されます。人類は昔からヨーグルトや漬物、キムチ、ピクルス、納豆などの発酵食品を摂取し善玉菌を増やす工夫を重ねてきました。これらの発酵食品を積極的に摂るとともに、良質な乳酸菌サプリメントを飲むことがたいへん有用です。

世の中の風潮として「油は体に良くない」というイメージがあります。確かに健康を害するような油は多いのですが、全ての油が良くない訳ではありません。がんの予防を含め、健康に良い油はいくつか存在します。一番のお勧めはアルファ・リノレン酸の豊富なエゴマ油(シソ油)やアマニ油です。これらは常温で用いる限り、免疫力を調整してがんの予防にもなります。また魚油のEPAやDHAなども免疫力を向上させます・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

詳しいアクセス・地図はこちらから