聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2012年12月28日 金曜日

ガンは熱に弱い・・温熱療法の併用でビタミンC点滴の効果倍増!

(続き)・・クリスマスが終わり、今度はお正月を迎えるための気分が街中で盛り上がっています。年末はそうでなくとも忙しいのに、クリスマスだお正月だと、年末年始はやることがいっぱいあって休まる暇がありませんね。そうしている中、ノロウイルスの猛威が鎮まらないというのに、今度はインフルエンザの流行の兆しがみられ、実際に一部の地域で早くも流行が始まっています。蒲田よしのクリニックに於いても、インフルエンザワクチンを接種する方が日を追って増えてきています。

さて先月、私は点滴療法研究会の主催する「高濃度ビタミンC点滴療法認定試験」を受験しましたが、その結果通知が1か月以上も経った昨日、ようやく郵送にて届きました。結果は嬉しいことに「合格」です。陰ながら応援して下さっていた方々に感謝申し上げます。かなり高度な知識を要求される難しい試験でしたが、研究会の提供するDVD教材や事前のセミナーなどが充実しているため、しっかり勉強さえしていれば、難なく合格できるようなシステムとなっているのです。

その事前セミナーに於いて、とりわけ私の興味をひく講演がありました。東京・赤坂で開業している森吉臣医師による「ガンの温熱療法」に関する講演です。森医師はガン患者に対して、高濃度ビタミンC点滴と並んで「深部加温療法」などに幅広く取り組んでおり、素晴らしい臨床的な結果を挙げています。病院から見放されたような末期ガンも含めて、ビタミンC点滴と深部加温療法とを組み合わせ、ガンの進行を抑制する、ガンを縮小もしくは消失させる、などの良好な結果を多数得ているのです。

深部加温療法は、ガン細胞が熱に弱いという性質を利用して生み出された治療法です。専用の機械を用いて患部に近い皮膚表面に端子を当て、特有の波長を放出して体の深部に熱を発生させます。設定条件によって温度は違ってきますが、ガン病巣付近の体温が39℃以上になると、ガン細胞は目に見えて弱り始めます。また免疫力が著しく向上するために、ガンの進行を抑制する力が強くなります。結果として、ガンの増大を抑制する、ガンを縮小もしくは消失させることが可能となるのです。

一方で深部加温療法により、ビタミンCに対する感受性が高くなることが報告されました。ガン細胞の中にはビタミンCへの感受性が低いものが一定の割合で含まれますが、病巣付近の体温を39℃以上に加温すると、感受性が明らかに高くなります。臨床的な印象でも、高濃度ビタミンC点滴の効果が低い症例が少なからず見受けられますが、このような温熱療法を併用することによって、ビタミンCのガン細胞を攻撃する力が倍増し、より良好な結果が得られる症例も数多いのです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年12月22日 土曜日

様々な疾患に効能のあるグルタチオン点滴・・ラドン浴との相乗効果も!

(続き)・・グルタチオンは同じ抗酸化物質であるビタミンCなどと同じく、全く副作用がありません。点滴によるグルタチオンの投与量も、保険診療上の投与量である100~200mgの4倍から20倍に相当する800~2,000mgという、かなりの多量です。いわば「高濃度グルタチオン点滴」ともいえます。それにも関わらず、重大な副作用は何一つ報告されていません。高濃度ビタミンC点滴にみられる浸透圧や血管痛の問題もなく、非常に取り組みやすい点滴療法の一つということができます。

蒲田よしのクリニックに於いても、パーキンソン病の女性がグルタチオン点滴を受けました。最初に来院された時には手の震えが強かったのですが、グルタチオン点滴をしている最中に震えがほぼ止まったのを見た時には、ご本人も私もびっくりしてしまいました。長年パーキンソン病を患っているご本人にしてみれば、多量の薬でも抑えられない手の震えが点滴1本で止まってしまうというのは、驚くべき事のようです。私の臨床経験でも、点滴で震えが止まったのを見たのはこの時が初めてでした。

この方はしばらく来院され、グルタチオン点滴とラドン浴を週1回のペースで続けました。次回来院時には再び手の震えなどの症状がぶり返していましたが、その強さが次第に軽くなっていくのが手に取るように分かりました。それだけでなく、肩凝りや頭痛が軽減する、疲労が溜まらない、夜よく眠れる、肌荒れが良くなった、など体調の改善が明らかに認められました。グルタチオンもラドンも、単に症状を緩和するだけでなく、全般的な体調の改善や若返り、美容などにも貢献するのです。

この方に限らず、グルタチオン点滴にラドン浴を併用することで、効果がより一層はっきり出ることが期待できます。理論的にもラドンは放射線ホルミシス効果によって、抗酸化酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)を活性化し、活性酸素を強力に除去します。そこへGPXの中心的な基質であるグルタチオンを点滴で多量に取り入れることによって、GPXの活性をさらに向上させます。優れた抗酸化療法であるグルタチオン点滴とラドン浴の併用によって、素晴らしい相乗効果が見込まれます。

グルタチオン点滴はパーキンソン病に限らず、様々な疾患や体調不良に卓越した効能を発揮します。適応症には抗がん剤による末梢神経障害や重金属中毒、全身倦怠感などが挙げられていますが、これらに限らず、疲労回復やアレルギー対策、めまい、しびれ、各種疼痛などに幅広い効果が期待できます。マイヤーズカクテルなどと同様に20分前後で点滴できるお手軽さもあり、ラドン浴などと併用しながら定期的に行なうことによって、一段高い健康状態を入手することが可能となります・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年12月21日 金曜日

パーキンソン病の手の震えが静止!グルタチオン点滴の驚くべき威力

(続き)・・今年の春先に開かれた点滴療法研究会のセミナー会場で流された一つのDVD映像を見たとき、私は自分の目を疑いました。パーキンソン病で手の震えがひどかった高齢の女性が1本の点滴を受けた直後、その手の震えがピタッと止まったのです。その点滴を定期的に受けた女性は、手の震えが軽減しただけでなく、車いすで移動していたのが杖歩行できるようになり、ついには自力歩行が可能となるに至りました。無表情だった顔つきが、別人のように表情豊かになったのにも驚きました。

パーキンソン病は脳幹にある黒質が変性して神経伝達物質の一つであるドーパミンが働かなくなり、手の震えや歩行障害、動作緩慢、認知症などの症状が次第に進行し、ついには寝たきりになってしまう進行性の神経変性疾患です。治療薬はありますが効果は限定的かつ一時的で、結局は病状の進行を食い止めることが出来ません。しかし1種類の点滴が震えを止めるばかりか、各種の症状を軒並み改善させてしまうとはどういうことか、この素晴らしい点滴はいったい何者なのか、私は非常に強い関心を抱きました。

この点滴の名称は「グルタチオン点滴」です。グルタチオン800~2,000mgを100mlの生理食塩水に混ぜて20分くらいで点滴し、これを週1~2回の頻度で繰り返します。グルタチオンは我々の体内にも豊富にある抗酸化物質で、3つのアミノ酸から構成されています。グルタチオンの抗酸化力は桁違いに強く、活性酸素や過酸化脂質などの害から我々の身体を守ってくれています。ところが環境の悪化やストレスなどのため活性酸素は増加しがちで、また加齢などによりグルタチオンの分布量は減少してしまいます。

最近の研究で、パーキンソン病を含む多くの病気は活性酸素が原因の一つと指摘されています。パーキンソン病の場合、黒質に於けるグルタチオン濃度が健常者よりも著しく減少していることが分かっています。つまりパーキンソン病の根本原因の一つは、グルタチオン減少に伴う活性酸素の増加により、黒質が変性してしまうことなのです。そうだとすると根本的な治療方針の一つとして、外部からグルタチオンを点滴によって補う「グルタチオン点滴」は、たいへん理にかなった治療法ということが出来ます。

ちなみにグルタチオンをサプリメントの形で補う方法は、点滴と比較してあまり有効とは言えません。ビタミンCの場合と同様に、腸からの「吸収率」の問題があるからです。グルタチオン配合のサプリメントが数多く出回っていますが、健康人がアンチエイジング等の目的で摂取するならば問題ないものの、パーキンソン病などの病気の方が治療に用いるには明らかに力不足といえます。米国などでは今やパーキンソン病の定番の治療の一つとして、「グルタチオン点滴」がラインナップされつつあります・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年12月20日 木曜日

「高濃度ビタミンC+マイヤーズ」・・点滴療法の一つの理想形!?

(続き)・・このマイヤーズカクテルはたいへん応用の利く優れた点滴ですが、その極め付けといえるのが、高濃度ビタミンC点滴とマイヤーズカクテルを合体させた点滴です。高濃度ビタミンC点滴は25~100gという大量のビタミンCに硫酸マグネシウムを混注した、比較的シンプルな内容の点滴ですが、これにマイヤーズの特徴である多種類のビタミンB群を追加したものがこれです。この点滴によって、高濃度のビタミンCおよび多種類のビタミンB群の効果を合わせて享受することが出来ます。

ビタミンB群とビタミンCとでは効能に共通点もありますが、守備範囲に明らかな違いがあります。ビタミンB群にはB1、B2、B6、B12など様々な種類がありますが、その役割を総括すると、糖質代謝や脂質代謝、タンパク代謝、神経伝達物質の生合成、血液細胞の造血など、実に幅広い作用を示します。これに対してビタミンCは1種類ですが、コラーゲンの生成や副腎皮質ホルモンの生合成、免疫機能の活性化などに関わるほか、前述のように強力なガン抑制効果をもっています。

マルチビタミンなどのサプリメントやスタンダードなマイヤーズカクテルには一定量のビタミンB群とビタミンCが含まれており、それによって上述のビタミンB群とビタミンCの効能を合わせて得ることが出来ますが、ビタミンCが「高濃度」となった場合には、一段上のレベルの効能を享受することが可能です。一般的な点滴のビタミンCの用量は0.5~1g、マイヤーズカクテルは2~4gであるのに対して、高濃度ビタミンCは25~100gという桁外れの量を用いています。

ビタミンCをそのくらい高濃度で用いると、体内では通常とは比較にならない卓越した作用を示します。ガンに対する殺傷力は前述しましたが、その他に風邪やインフルエンザなど感染症の予防や治療効果、皮膚や粘膜の修復効果、疲労回復効果、動脈硬化の改善効果などが、見違えるほど強力になるのです。これにビタミンB群の糖質、脂質、タンパク代謝改善効果、神経伝達物質活性化などの作用を組み合わせることで、通常の点滴では決して得られないような素晴らしい効能を得ることが可能となります。

但しこの「高濃度ビタミンC・マイヤーズ点滴」には若干の制約があります。50g以上のビタミンCに対しては、ビタミンB群がその作用を阻害するという研究報告があるためです。これには反論もありますが、点滴療法研究会では、50g以上のビタミンC点滴にはビタミンB群を混ぜないよう指導しています。従って現実的には、疲労回復やアンチエイジング、美容、各種疾患の予防や早期治療の目的で、ビタミンC25gとマイヤーズを混合した点滴を行なうというのが、一つの理想形といえます・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2012年12月18日 火曜日

流行中の「お腹の風邪」にも威力を発揮するマイヤーズカクテル

(続く)・・最近、寒さが厳しくなると共に「お腹の風邪」がたいへん流行ってきています。発熱や鼻水など風邪としての症状も多少あるのですが、何よりも腹痛や下痢、嘔吐などの激しい胃腸症状が目立ちます。この風邪にかかった人は食欲がなくなり、腹痛に苛まれ、頻回の水様性下痢や嘔吐に見舞われるのです。そのため満員電車には乗れなくなり、脱水で起きているのも辛くなります。この風邪にかかって病院やクリニックを受診する人が後を絶たず、症状が重い場合は点滴を受ける人も少なくありません。

ところで、恥ずかしながら私自身も昨日、お腹の風邪にかかってしまいました。夕方になり急に腹部の重苦しさと寒気を覚え、風邪をひいたと直感しました。私が風邪をひくのは何年ぶりでしょうか。幸いごく早期なので水際で撃退できる可能性があるため、直ちに「早期治療」を開始しました。乳酸菌と葛根湯、ノニジュースを内服し、短時間ながらラドン浴を行ない、ホカロンで腹部を温めました。そして夕食もそこそこに床に就き、8時間以上も眠りました。

幸いなことに本日は昨日よりも症状が軽減していたものの、かなりのだるさを覚えました。そこで早めにクリニックに到着し、40分間しっかりとラドン浴を行ないました。その結果あっという間に体調は良くなり、昼過ぎには完治してしまいました。朝のうちに準備していた点滴「スーパー・マイヤーズカクテル」は結局、完治したために行なわず、ひどい結膜炎にかかったクリニックの女性事務員にプレゼントしてしまいました。あまりの回復の早さに事務員や看護師もあきれているほどです。

そのような訳で私は結果的に点滴をしませんでしたが、お腹の風邪で体調を崩して点滴をしに来た方が、本日も今のところ2名ほどいます。脱水を伴う胃腸炎には水分補給が欠かせませんが、水だけでなくビタミンやミネラルの補給も重要です。健康保険の利く点滴もありますが、それに含まれるビタミンの量はかなり限られており、明らかに元気が出るまでには至りません。自費診療にはなるものの、ビタミンやミネラルの豊富なマイヤーズカクテルの方が、パワーを補充する目的からはたいへん有効です。

実際に蒲田よしのクリニックでは、風邪や胃腸炎で脱水気味の方には点滴、中でもマイヤーズカクテルをお勧めしています。同じ点滴をした人であっても、保険の利く点滴やにんにく注射に比べて、マイヤーズカクテルの利き方はレベルが違います。早い人の場合、点滴をした後まもなく風邪が治ってしまうことも少なくありません。風邪をいち早く治してしまいたい方、風邪がなかなか治らない方、風邪やインフルエンザにかかった可能性がある方には、このマイヤーズカクテルがお勧めです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

詳しいアクセス・地図はこちらから