聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年1月31日 木曜日

寄生虫が減り花粉症急増!?アレルギーを克服する意外な視点とは・・

(続き)・・明日から2月に入りますが、徐々に日が長くなってきているのが分かります。12月頃には関東地方の場合、午後5時前には真っ暗になっていたのが今では日没が5時過ぎで、6時近くになってようやく暗くなります。朝の日の出も午前6時40分頃で、7時近くになってようやく明るくなった時期に比べれば、かなり昼間の時間が長くなったものです。まだまだ気温は低く風は冷たいのですが、日の光は確実に強さを増しており、まさしく「光の春」といった今日この頃です。

気温に関しても、1月末から俄かに上昇傾向となっています。今週末の土曜日には、関東南部の場合18度くらいまで上がると予想されていますが、これは4月下旬並みの暖かさだそうです。これだけ急に温かくなると気になるのが「花粉」です。日本気象協会から出された「花粉飛散予報」によると、関東、東海、四国、九州で2月中旬からスギ花粉が飛び始めると予想されています。但しこれは1月16日時点に於ける予報ですので、今後の気象条件によっては、これが大幅に早まる可能性もあります。

前回のコラムでは、花粉症が急増している要因の一つとして「過度に衛生的な環境」が挙げられると述べました。一見して清潔で衛生的に見える環境が、むしろ花粉症を含むアレルギー疾患の増加を招いているというのです。その理由をごく簡単に説明すると、細菌感染などによって鍛えられるべき「免疫システム」が、過度に清潔な環境によって鍛えられる機会を失い脆弱となります。その反動でアレルギー反応を起こす機序が過剰に働き、花粉症やアトピーなどアレルギー疾患の発症を招くというものです。

実際に先進国の小児は新興国の小児に比べ、花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー疾患の発症率が高い傾向が明らかです。さらに「寄生虫」とアレルギー疾患の関係性も研究されています。何と寄生虫の保有率が低下すると、アレルギーの発生率が上がるというのです。寄生虫を体内に飼っていることがアレルギーの予防になるのだとしたら、我々は今からでも寄生虫を体の中に入れた方が良いのでしょうか。答えは「NO」です。何も寄生虫を食べなくとも、アレルギーの発症を予防する方法はあります。

解決のための一つのポイントは「腸内細菌」です。我々の腸内には100兆個もの細菌が済んでおり、乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」、大腸菌やウェルシュ菌などの「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌」の3群に分類されます。このうち善玉菌を活発にして悪玉菌を抑制するなど腸内環境を改善することが、アレルギー疾患の発症抑制につながることが分かっています。それでは腸内環境を良いものとするために、具体的に我々はどのような取り組みをすれば良いのでしょうか・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年1月29日 火曜日

花粉症シーズンついに到来!患者が急増している意外な要因とは?

(続き)・・1月が間もなく終わり2月を迎えようとしています。ノロウイルスに続きインフルエンザが急激に流行ってきていますが、早くも「花粉症」の患者さんが何人か、蒲田よしのクリニックに来院し始めています。この寒い最中、すでに花粉が大量に舞い始めているのかと思うとそういう訳ではなく、本格的に花粉症の症状が現われている人はまだ少数です。それでも花粉症に長年悩まされている方々の中には、花粉が舞い始める前に「兆し」を感じ、早めに対策を取ろうとする方が少なくありません。

花粉症はスギやヒノキなど樹木の花粉や、ヨモギやブタクサなど草木の花粉などによって引き起こされるアレルギー性の疾患で、典型的な症状としては鼻水、鼻づまり、くしゃみ、流涙などがあります。ひどくなると数分おきに鼻をかまなくてはならなくなり、鼻呼吸ができずに大変苦しい思いをします。日本では2月から4月にかけての「スギ花粉」が最も顕著ですが、人によってはこれに続いて、5月にかけてのヒノキ、夏場のカモガヤ、秋口のブタクサなどと続き、まさに通年性の症状に悩まされます。

スギなどの花粉症に取りつかれた方にとって、春先の晴れて乾燥した日は恐るべきひと時となりますが、花粉症と無縁の人には想像もつかないことです。同じように花粉は空中を舞っているはずですが、なぜある人は花粉症にかかる一方で別の人は平気なのでしょうか。今や国民の10人に1人は花粉症にかかっていると言われており、まさに国民病とも呼べる蔓延ぶりです。年配の方々が言うには「昔は花粉症などなかった」そうですが、なぜ現代の日本では花粉症が拡がってしまったのでしょうか。

一つの原因として、戦後の杉の植林の影響を受け、木が成長してきた近年になって花粉量が著しく増加した、ということが挙げられます。確かに最近は春先になると杉林から黄色い花粉が多量に舞い上がる光景が目立ち、花粉症の人でなくとも鼻のあたりがむず痒くなってくるものです。しかしながら杉という木は大昔から存在しており、大なり小なり人間は花粉を浴びてきたはずです。また同じ杉林の傍に住んでいても花粉症になる人とならない人がいることを考えると、我々人間側の要因も小さくはないはずです。

花粉症も含めたアレルギー疾患の増加に関しては、人間側にもいくつかの要因が指摘されています。すなわち各種化学物質、低体温、栄養バランスの乱れ、腸内環境の悪化、ストレスなどが挙げられますが、意外な要因の一つとして「過度に清潔な環境」があります。一昔前、子供は砂まみれ、泥まみれになって遊んだものですが、最近の子供は外遊びをせず、室内でゲームなどに興じます。そのような「衛生的」な生活が、結果的に花粉症を含むアレルギー疾患の増加の一要因になったというのです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年1月28日 月曜日

脂質の膜で包んだビタミンC&タヒチ産ノニの抗インフル効果とは!?

(続き)・・ひどい風邪やインフルエンザに対して、マイヤーズカクテルや高濃度ビタミンCなどの点滴療法、それにラドン浴がたいへん有効であることは分かりましたが、遠くてなかなかクリニックまで行けない、或いは軽症でクリニックに行くまでもない、発症してはいないが予防のために何かをしたい、という方もいらっしゃることでしょう。点滴やラドン浴は確かに優れた治療法ですが、物理的にクリニックまで通えない、通うほどではない、という方に対しては、他に何か有効な方法はあるのでしょうか。

高濃度ビタミンCなどの点滴療法の研究と普及に取り組んでいる「点滴療法研究会」では、腸管からの吸収率を飛躍的に向上させたビタミンCのサプリメントを推奨しています。ビタミンCのサプリメントは、腸管からの吸収率がたいへん低いという問題点を抱えています。せっかく飲んだビタミンCの成分が、思ったほど腸から吸収されていないのです。そこで或る米国のメーカーは、ビタミンCをリン脂質の微小カプセルで包むという方法を開発しました。これによって腸管からの吸収率が桁違いに向上したのです。

このリン脂質で包んだビタミンC製剤「リポスフェリック・ビタミンC」を内服すると、従来のビタミンCのサプリメントに比べて、ビタミンC血中濃度のピークが約2倍となり、しかも長時間にわたり高い血中濃度が維持されます。その結果サプリメントでありながら、高濃度ビタミンC点滴とまではいかないまでも、ビタミンCの様々な優れた効能をかなりの程度、享受することが可能となります。風邪やインフルエンザの治療および予防に於いても、強力な助っ人となることは間違いありません。

日常的に楽しめて、風邪やインフルエンザの治療や予防に役立つ飲料の一つとして、タヒチ産の「ノニ」が挙げられます。ノニは沖縄や台湾、インドネシア、ハワイなどの南洋地域に自生するアカネ科の植物ですが、たいへん生命力が強く、免疫力や抗酸化力、代謝力を著しく向上させます。特にタヒチ産が桁違いに秀逸であり、米国のジョン・ホプキンス大学病院の臨床研究では、ガン患者に対して69%、アレルギー患者に対して88%が奏功するなど、非常に優れた臨床的効果が証明されています。

無農薬、無添加のタヒチ産ノニのみを用いた「タヒチアンノニジュース」は、風邪やインフルエンザに対しても抜群の治療効果、予防効果を示します。風邪やインフルエンザの初期に充分量を飲めば、概ね軽症のうちに撃退できます。本格的にかかってしまった場合でも、倦怠感などの症状を明らかに軽減し、治癒過程を早めることが期待できます。リポスフェリック・ビタミンCとの併用効果もあります。これでも改善が不充分な場合には、前述の各種点滴療法やラドン浴に取り組まれることをお勧めします・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年1月26日 土曜日

マイヤーズ&高濃度ビタミンC点滴がなぜインフルに有効なのか!?

(続き)・・以前のブログで、米国生まれの点滴「マイヤーズカクテル」が胃腸炎や喘息、偏頭痛など様々な病気や体調不良に効果があり、妊娠悪阻など妊婦さんの健康トラブルに対しても安全かつ効果的である、と述べました。マイヤーズカクテルは開業医が開発した点滴レシピですが、研究と改良が重ねられ、絶妙の栄養素バランスと驚くほどの臨床的効果がもたらされたのです。点滴としての一つの「完成形」であるマイヤーズカクテルは、実際のところ風邪やインフルエンザにも素晴らしい効能を示します。

マイヤーズカクテルの優れた点の一つは、たいへん応用が利くということが挙げられます。基本レシピとしてのマイヤーズカクテルはビタミン各種とミネラルにより構成されていますが、これにグルタチオンやアルファ・リポ酸などの抗酸化成分を混注することで、より一層高い効果を狙うことができます。実際に蒲田よしのクリニックに於いては、スタンダードなマイヤーズカクテルにグルタチオンとアルファ・リポ酸を混注、さらにビタミンC等を増量し、「スーパーマイヤーズカクテル」として提供しています。

マイヤーズとは別に、「高濃度ビタミンC点滴」も風邪やインフルエンザに威力を発揮します。通常量の50倍から100倍も高濃度のビタミンCを点滴することによって、免疫力が著しく向上するためです。ちょっとした風邪ならば立ちどころに治ってしまうほか、高熱など重症感のある患者の場合でも、時間単位で症状が改善する例が少なくありません。高濃度ビタミンC点滴はガン患者に対して行なわれることが多いのですが、最近はエグゼクティブを中心に、健康増進などのために受ける人が増えています。

上記のマイヤーズカクテルと高濃度ビタミンC点滴をドッキングしたような点滴も登場しています。これは両者の「良いとこ取り」をしたような点滴で、ビタミンCの投与量は25gまでと制限付きですが、一つの理想形ともいえる素晴らしい点滴です。すなわちマイヤーズ特有のビタミンB群やマグネシウムと、高濃度のビタミンCによって免疫力を飛躍的に向上させ、体力を回復し、粘膜や胃腸の調子を整え、活性酸素を素早く除去し、風邪やインフルエンザのウイルスを強力に駆逐するのです。

実際の医療現場では、重症の風邪やインフルエンザに対して、先ずはマイヤーズカクテルや高濃度ビタミンC点滴、あるいは両者をドッキングした「VCマイヤーズ点滴」などの点滴療法を行ない、水分とビタミン、ミネラルをたっぷりと補給した上で、ラドン浴にじっくりと取り組むというのが、新しい有効な治療法といえそうです。その証拠として、ラドン浴や高濃度ビタミンC点滴を定期的に続けているガン患者さんは、滅多に風邪やインフルエンザにかからない、という臨床的事実があるのです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年1月25日 金曜日

風邪やインフルエンザにお勧めの「点滴」:免疫力アップし水際で撃退!

(続き)・・ひどい風邪をひいてしまった、或いは本格的にインフルエンザにかかってしまった、という場合にはたいてい高熱が出て、体がとてもだるくなるものです。そのような時にもラドン浴は本質的にお勧めなのですが、現実にはラドン浴によって、一時的にせよ身体のだるさが増してしまう懸念もあります。またそうならない場合でも、熱がある時にラドンルームのようなホットな空間には身を置きたくない、というのが正直な感覚かも知れません。そのような場合には適切な「点滴」がお勧めです。

実際に蒲田よしのクリニックでも、ひどい風邪をひいたから、インフルエンザにかかったから、ということで点滴を受ける方は少なくありません。点滴の種類にもよりますが、点滴を受けた方の大半が「体調が良くなった」「症状が軽くなった」と実感しています。中には「点滴を受けたら、すっかり治ってしまった」などと、著効を示す方もいらっしゃいます。治ったという印象を持ったのが本当だとすると、「点滴が風邪を治した」とは断言できないにせよ、治癒過程を早めたことは充分に考えられます。

風邪やインフルエンザに、なぜ「点滴」は効くのでしょうか。風邪や脱水などの時に行なう点滴は、大雑把に言うと水、糖分または塩分、各種ビタミンから構成されています。場合によりカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが加わります。一言でいうと、水分および栄養成分から成り立っている訳です。従って、点滴が脱水や栄養バランスの乱れを是正して体調を整え、体力を回復させることは容易に理解できます。それでは風邪の治癒過程を早めるというのは、点滴のどの様な仕組みによるのでしょうか。

それは一つには、上記のようなビタミン等の栄養素が「免疫力」を向上させるためと考えられています。例えばマイヤーズカクテルなどの点滴にたっぷりと含まれるビタミンCは、白血球やリンパ球など免疫細胞を賦活し、風邪やインフルエンザなどのウイルスを駆逐するのに貢献しています。同時にビタミンCは活性酸素を除去する酵素を活性化するなど、強力な「抗酸化力」を備えています。これは細胞内免疫を活発にすることを通して、側面から免疫力を向上させることにも関与しています。

各種ビタミンB群やミネラルなど他の栄養素も含め、点滴はこれらを体内に直接取り入れることによって、迅速かつ効率的に体調を整え、免疫力を向上させることが可能となります。点滴の種類によっては、風邪やインフルエンザを水際で撃退することも夢ではありません。但しその効果はビタミンやミネラルなど栄養素の「投与量」に大きく左右されます。すなわち非常に良く効く点滴と、あまり効かない点滴とがあるのです。それではどのような点滴が風邪やインフルエンザに著効を示すのでしょうか・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
詳しいアクセス・地図はこちらから