聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年5月28日 火曜日

全身で悪さをする免疫複合体!遅発型フードアレルギー最大の犯人は?

(続き)・・九州、中国、四国地方に続いて、近畿と東海地方が梅雨入りしました。ずいぶん早い梅雨入りですね。平年と比べて4日から11日も早い梅雨入りだそうです。関東地方はまだ梅雨入りしていませんが、本日の外の気配からは何となくジメッとした感じがあり、梅雨入りが間近なことを感じさせます。

本日「蒲田よしのクリニック」でラドン浴をされた女性が「低気圧が近付いているのがよく分かる」と話し、手の指をさすっていました。この方はリウマチではありませんが、手の指が浮腫み、こわばりがあり、一見してリウマチ的な症状です。気圧が下がって雨雲が近付くと、浮腫みとこわばりがひどくなるのだそうです。
天気図をみると確かに大陸には低気圧が近付き、明後日にかけて日本にやって来そうな気配です。予報でも明日から関東地方などで雨降りが始まると報じられており、東日本もいよいよ梅雨入りかも知れませんね。

気圧や温度、湿度などの気象条件と病気との間には密接な関係があり、古来より研究対象となってきました。リウマチだけでなく喘息やアトピー、うつ病、更年期障害、偏頭痛、神経痛、過敏性腸症候群など多くの病気は、気圧や気温、湿度などの変化により病状が悪化し、また改善します。
比較的多いパターンとしては、低気圧が近付いて雨の予報が出ている時に、喘息やリウマチなどの症状が俄かに悪化する、ということが挙げられます。人によっては天気予報も見ていないのに、「雨が降る予感がする」などと、体が天候の変化を先取りして感じ取ることさえあります。

雨が降り湿度が上がると、なぜ体調が崩れる人が多いのでしょうか。漢方医学では古来より「水毒」という考え方がありますが、これは体内に溜まった余分な水が体を冷やし、痛みや浮腫み、めまいなど様々な体調不良を招くというものです。水には体を冷やす性質があるため、過剰な水が文字通り「毒」として作用するのです。
「水毒」への対処法としては、体を温めること、余分な水分を排出することなどが挙げられます。具体的には、体を温め利尿効果のある食べ物を摂取し、ゆったりとお風呂に浸かり、適度に運動することなどが推奨されています。夏の近付いた今こそ、体を「温める」ことが体調を維持する上で必要なのです。


さて前回のコラムで、アレルギー反応には2種類あるとお話しました。すなわち「即時型」アレルギーと「遅発型」アレルギーです。実はこの両者では、アレルギーの鍵となる物質が異なるのです。
アレルギーを引き起こす上で大切な役割を果たす物質の一つに「免疫グロブリン(Ig)」があります。このIgが食物などのアレルゲン(アレルギーの原因物質)と結合し排除しようとして、様々なアレルギー反応が引き起こされるのです。

即時型アレルギーに関与するIgは「IgE」です。IgEはアレルゲンと結合し、白血球の一種である肥満細胞を刺激して「ヒスタミン」という生理活性物質を産生させます。このヒスタミンは強い生理活性を示し、蕁麻疹やくしゃみ、鼻水、流涙などの「アレルギー症状」を引き起こし、重度の場合には呼吸困難などの重篤な反応を招きます。
IgEからヒスタミンに至るアレルギー反応は、出現が早く沈静化も早いという特徴があります。アレルゲンが侵入した直後に反応が始まり、多くの場合、数時間以内に症状は消えてしまいます。そのためアレルギーであるかどうかは一目瞭然で、たいへん分かりやすいアレルギー反応ということができます。

これに対して遅発型アレルギーに関与するIgは「IgG」です。IgEとは異なり、IgGはアレルゲンと結合し「免疫複合体」を形成します。免疫複合体は直ぐには悪さをせず、血流に乗って全身各地に運ばれ、そこで少しずつ蓄えられます。
免疫複合体の量がある限度を超えると、徐々に悪さをし始めます。それが蓄積した臓器や組織の場所によって、特有の症状が現れるのです。蓄積する場所は脳や神経、肝臓、肺、胃腸、皮膚、関節、筋肉など全身に及ぶため、症状も全身のあらゆる臓器や組織に関わってきます。
例えば筋肉の症状としては筋肉痛、肩凝り、腰痛など、脳神経系ではうつ症状、頭痛、不眠、不安神経症など、皮膚では湿疹、蕁麻疹、アトピーなど、胃腸では腹痛、便秘、下痢、過敏性腸症候群などが引き起こされます。どこに免疫複合体が溜まるかによって、まさに十人十色の多様かつ慢性的な症状が発生し得るのです。

遅発型フードアレルギーは、原因となる食材を血液検査によって調べることが可能です。検査は米国「US BioTek社」などで行なっており、数mlという少量の血液を採取して発送し、2~3週間以内に結果のレポートが送られてきます。
検査は100種類近くの食材を対象に、IgGの「反応の強さ」を定量化します。これを見れば、遅発型アレルギーを引き起こしている食材は何か、どのくらい強いアレルギーなのか、さらに治療によりどれだけ改善したかが、明瞭に分かるのです。

遅発型フードアレルギーに取り組む医療機関は徐々に増えてきています。ある施設の統計によると、原因食材として最も多いものは「卵」です。これには卵黄および卵白が含まれますが、卵は我々が日常的にメニューに加えているだけでなく、様々な調理法に用いるほか、実に多くの加工食品に使われています。
例えば天ぷらの衣には卵が入っていますし、たこ焼きやお好み焼きの生地には卵が使われています。卵なしでは、それこそ味気ない料理になってしまいます。一方で、チクワやハンペン、つくね等の練り製品、ハンバーグや肉団子、ソーセージなどの加工肉にも「つなぎ」として殆んどの場合、卵が使われています。

次にアレルギーの原因として頻度の高い食材は「牛乳」です。牛乳に関しては「乳糖不耐症」という遺伝的な不適応が存在し、日本人の大半は充分に牛乳を消化できませんが、それだけでなく遅発型アレルギーの原因ともなります。生の牛乳と並んで、乳製品であるチーズやヨーグルトなどもアレルギーを引き起こします。

卵と牛乳はまさにアレルギーを招く「東西の横綱」といえますが、それ以外に、驚くほど多くの身近な食材がアレルギーの原因となるのです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年5月21日 火曜日

ウツの原因が何と食品!?意外な症状を招く「遅発型フードアレルギー」

(続き)・・今月20日は私の51歳の誕生日でした。当日の朝はうっかりしていましたが、Facebookメールで何人かから「誕生日おめでとう!」のメッセージを頂いたことで「そうか、今日は誕生日だったか・・」と思い出しました。
続いてクリニックの職員からプレゼントを頂き、また仕事仲間の女性からバースデーカードを受け取ったことで、誕生日の実感が湧いてきました。何歳になっても誕生日は良いものですね。皆様に感謝いたします!

私もご多分に漏れず着実に年を取っている訳で、それは全く否定しませんが、昨年から50代の仲間入りしたことがどうもしっくり来ません。別に若いふりをしている訳ではありませんが、同年代の男性に比べて、肉体年齢が幾分かは若いものと自負しています。
例えばここ数年、私は殆んど風邪をひきませんでした。少し風邪気味かな、と感じたことはありましたが、「早期治療」によって水際で本格的な風邪ひきを防いできました。また駅の階段などでは若者も含めて次々と追い抜き、一段抜かしで駆け上がったりしますが、殆んど疲れることがありません。

「蒲田よしのクリニック」に通院されている方からも「とても肌がツヤツヤしていますね。先生もプラセンタ注射をしているのですか?」などと質問されることがあります。特段のことはしていないのですが、患者さんにアドバイスする手前、自分なりに工夫していることはあります。
例えばラドンルームにこまめに入り、週2回プラセンタ注射をし、ビタミン点滴を時々行なうほか、タヒチ産ノニジュースを飲み、野菜と果物をたっぷり食べる、週2回は筋トレ等の運動をする、などの取り組みを行なっています。
「蒲田よしのクリニック」に通う方々、とりわけ女性は、軒並み肌の具合も良くなり元気になっているのが事実です。これはラドン浴から上がった方の表情をみるとよく分かります。私も来院者の方々に負けないように、元気で若々しくありたいと思います。


さて我々人間は生きていく目的で、また体調を維持する目的で、毎日欠かさず食事をしています。毎日何を食べるかは文化や好みの影響も受けますが、たいていの人は「健康に良い」という要素を判断基準の一つとして、食材を選んでいます。
すなわち味の良し悪しや食べやすさ、調理のしやすさ、入手しやすさなどの判断基準と並んで「健康」に関する要素、すなわち「糖尿病や高血圧などの病気になりにくい」とか「アレルギーを起こしにくい」などの要素を判断基準の一つとして捉えています。
具体的には例えば「骨を丈夫にするために牛乳をもっと飲みましょう」とか「良質なタンパク質の豊富な卵を毎日食べましょう」、あるいは「アスパラガスには血圧を下げる成分が多いので、努めて食べましょう」などと推奨されています。
ところがそのように「健康に良い」と信じて、健康的とされる食材をせっせと食べる行為そのものが、反対に体調不良や病気の発病に結びついてしまうとしたらどうでしょうか。実際に、特定の食材が原因で体調を崩す人が後を絶ちません。

最近、原因不明と考えられていた様々な病気や体調不良を引き起こすものの一つとして脚光を浴びているのが「遅発型フード(食物)アレルギー」です。これはある決まった食材を摂取してから数時間、遅い場合で数日が経過した後に症状が出現するアレルギー疾患で、よく知られている食物アレルギーとはかなり異なる特徴をもっています。
我々が「食物アレルギー」に関して抱いているイメージは、食べた直後、多くは30分以内に、皮膚の痒みや蕁麻疹、浮腫み、くしゃみ、重い場合には呼吸困難などを引き起こすような状態ではないでしょうか。アレルギーの原因となる食材としては、サバやエビなどの魚介類、卵、ソバ、ピーナッツなど比較的限られています。

日常診療に於いても、「サバを食べた直後に蕁麻疹が出た」とか「エビを食べるとあちこち痒くなる」などといった急性の症状を訴えて来院する方が少なくありません。またニュースで「ソバを食べて呼吸困難に陥り急死した」などという痛ましい事故が時折発生します。これらの症状は食品によるアレルギーが原因であることが明らかです。
このように、特定の食材を食べた直後に出現するアレルギー反応のことを「即時型フードアレルギー」と称しています。摂取した直後に症状が出現すること、また症状がアレルギーとして特徴的であることから、比較的とらえやすいアレルギーといえます。

これに対して「遅発型フードアレルギー」は上述のように、食品を摂取したあと数時間から数日という、長い時間を経てようやく症状が出現するという特徴があります。そのために食品のアレルギーという捉え方をされないケースが多く、「原因不明」として片づけられるケースが少なくありません。
しかも症状がたいへん多彩です。消化器、精神神経、皮膚、呼吸器、泌尿生殖器、筋骨格系などに関わる症状、そして全身にわたる症状など実に様々で、いわば「アレルギーらしくない」症状が多数含まれます。

例えば消化器症状では、消化不良、下痢、腹痛、便秘、吐き気、腹満感などがあります。症状が繰り返す場合には「過敏性腸症候群」と診断される場合もあります。
精神神経症状では不安神経症、頭痛、うつ傾向、集中力低下など、皮膚症状では湿疹、ニキビ、アトピー、フケ、蕁麻疹、肌荒れなど、呼吸器症状では鼻水、鼻づまり、ぜんそく、慢性副鼻腔炎などが起こり得ます。
泌尿生殖器症状では頻尿、尿意切迫、小児の夜尿症、月経前症候群など、筋骨格系症状では筋肉痛、関節痛、関節リウマチなど、そして全身症状では不整脈、慢性疲労、全身倦怠感、口内炎、体重増加、浮腫などがみられます。

このように多彩かつ捉えどころのない症状が列挙されると、他の原因すなわち栄養バランスの乱れや有害重金属中毒、ホルモン異常などとの見極めが大変つきにくくなります。よもやアレルギーが原因とは想像さえつかない、というのが現状ではないでしょうか。
多彩で分かりにくいのは症状だけではありません。原因となる食材も実に多彩で、意外ともいえる食材が多数挙げられています・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年5月18日 土曜日

血管スベスベ血液サラサラ!キレーション&ラドン浴の驚くべき併用効果

(続き)・・最近、新聞や週刊誌などで「再生医療」に関する記事をよく目にするようになりました。
再生医療といえば、ノーベル賞に輝いた山中伸弥教授の「iPS細胞」の研究が有名ですが、そのiPS細胞を用いて眼の角膜の細胞や心筋の細胞、血液細胞、あるいは神経細胞を作製するなどの事業を、大学や企業等がコラボレーションして取り組む、という類のニュースが頻繁に報道されているのです。

iPS細胞は「多能性幹細胞」の一種で、体の様々な細胞に分化する「多分化能」と、自ら増殖する能力「自己複製能」を併せ持つ細胞です。神経や皮膚、心臓や血管、腎臓や肝臓、血液など体の様々な細胞に分化できるため、難治性の疾患や外傷などに幅広く対応できる可能性を秘めています。
このような医療技術を用いれば、重症の外傷や熱傷、角膜障害、心筋症、神経変性疾患、腎不全、肝硬変、重症の貧血、さらにはガンなどの難しい病気や怪我などの患者に対し、根治を含む抜本的な病状の改善をもたらすことも不可能ではありません。

「再生医療」が国内外で盛んに研究され、臨床応用に向けて急ぎ足で準備が進んでいる背景としては、従来の医療が限界を迎えていることが大いに関係しています。
これまでの西洋医学中心の医療では、病気の症状を抑えることに主眼が置かれていました。発熱があれば解熱させる、痛みがあれば鎮痛を図る、腫瘍があれば切り取る、発疹があれば薬で抑える、血圧が高ければ下げる、などのいわゆる「対症療法」が主流だったのです。

ところが今や、対症療法だけでは病気の根本的な解決にはならないことが明らかとなっています。例えば高血圧の場合、降圧剤を内服すれば確かに血圧は下がります。ところが血圧が下がっても、脳梗塞や心筋梗塞などの血管障害を発症する人が後を絶ちません。
何故そのようなことが起こるかというと、一つには高血圧の背景として「動脈硬化」があるためです。動脈壁が老化やストレス、栄養バランスの乱れ等の要因によって硬くなり、その影響で血圧が高くなるのです。従って動脈硬化そのものを改善させなければ、脳梗塞などの血管病変の発症を根本的に予防することは出来ません。

再生医療はこの動脈硬化に対してもアプローチを始めています。例えばiPS細胞を用いて動脈壁の「血管内皮細胞」を作成し、痛んだ動脈壁を若々しくスベスベの血管に生まれ変わらせるというテクニックです。
日常の会話でも我々は、「血液サラサラ」とか「血管スベスベ」という言葉で若々しさを表現しますが、再生医療はその血液や血管、皮膚、臓器、脳などの若々しさを具現する、究極の医療技術の一つといえそうです。
但しiPS細胞を含む再生医療は最先端の医療であり、医療現場で普通に用いられるのはまだ先の事と考えられます。また実際に日常診療として登場したとしても、たいへん手間とコストのかかる治療行為であり、かなりの高額医療となりそうです。


さて前回のコラムでは有害重金属を強力に排出する「キレーション療法」についてお話しましたが、実はこのキレーションは動脈硬化に対しても優れた効果を発揮するのです。それどころかキレーション療法の本場米国では、重金属中毒よりも動脈硬化病変に対する治療症例の方が数が多く、より脚光を浴びているほどです。
キレーションはEDTAなどのキレート剤を内服もしくは点滴することで重金属を挟み込み、尿として排出しますが、動脈硬化に対しては血管壁内のカルシウムをキレートし排出します。また活性酸素の産生を強力に抑制し、血管壁を酸化から守ります。

動脈硬化の発生と進行には、活性酸素によるLDLコレステロールの酸化と伴に、過剰なカルシウムイオンが関係します。キレーションはこれら活性酸素と過剰なカルシウムを排除することによって、動脈硬化の進行を抑制するのです。
実際に、糖尿病などを背景とした動脈硬化の進行により、下肢の動脈閉塞を招いて切断寸前にまで追い込まれた方が、キレーション点滴を繰り返すことで切断を免れ、病状が劇的に改善したような症例報告が多数みられます。
キレーション療法は再生医療に分類されてはいませんが、酸化して硬くなった血管、すなわち動脈硬化を起こした血管を若返らせ、それこそ「再生」させることのできる優れた治療法です。健康保険こそ適応にはなりませんが、日常的にクリニックで受けることが可能です。まさに再生医療に準じる治療法ということができます。

血管を若返らせ「再生」させるような治療法は、キレーション療法だけではありません。点滴療法の範疇では「アルファリポ酸点滴」や「グルタチオン点滴」などがそれに該当します。いずれも強力な抗酸化作用をもつ優れた点滴です。
例えばアルファリポ酸は、ビタミンCの400倍もの強い抗酸化力をもち、またビタミンCやグルタチオンなどの抗酸化作用を支援します。さらに水と油の双方に結びつくため、血管壁細胞を酸化から保護する作用が並外れています。そのためにキレーション療法に匹敵するほどの動脈硬化抑制効果があるのです。

その一方で「ラドン浴」には、強力な抗酸化力と重金属キレート効果があります。活性酸素を消去するSODという酵素の活性は、ラドンに被曝させると瞬時にして1.5倍に増強することが分かっています。また水銀や鉛、過剰なカルシウムなどの金属の排出能を向上させます。
実際に定期的なラドン浴により、動脈閉塞のため足が壊疽に陥っていた方の血流が回復し、劇的に壊疽が改善したという臨床例が多数、報告されています。ラドン浴により動脈硬化が軽減し、血管が柔らかくスベスベになり、中を流れる血流の状態が明らかに改善するのです。

前述のようなキレーション療法やアルファリポ酸点滴にラドン浴を併用することで、有害重金属から身を守り、動脈硬化を強力に阻止することがさらに可能となります。これらの併用療法は、本格的な「再生医療」に先駆ける先端的な治療法の一つということができそうです・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

2013年5月13日 月曜日

語源はカニのハサミ!有害重金属を一網打尽にするキレーションとは?

(続き)・・前回のコラムから半月以上も経ってしまいました。大型連休をはさんで日に日に暖かくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この半月間、私はこのホームページの「スマホ版」の作成に取りかかっていました。コンテンツは従来の「パソコン版」と共通していますが、ページ数を増やし内容をより充実させます。その増ページ分の文章を作成していたのです。
おかげ様でこの「がん専門」ホームページはたいへん好評で、実際にこれを見て「蒲田よしのクリニック」へ問い合わせをしてくる方は増えているのですが、あいにく「スマホ」に対応した作りにはなっていませんでした。

スマホ(スマートフォン)の勢いは今や止まることを知りません。販売数はパソコンを追い抜き、携帯電話市場に於けるシェアもうなぎ上りです。従来型の携帯、いわゆる「ガラケー」を保持する人は私も含め、すでに少数派となりつつあります。
そういう状況もあり、キーワードを入力してこの「ガン専門ホームページ」に辿り着く方に関しても、スマホ経由の方の割合が日に日に高くなってきています。スマホはパソコンと違い、外出先や電車の中などでも他人に邪魔されることなくインターネットにアクセスすることが可能なため、医療機関のホームページに於いても対策が不可欠です。

ところが今までのホームページはスマホ経由で訪問した場合、字が小さ過ぎて文章を読めないのです。そのためにスマホ経由で来られた方は直ぐにホームページから去ってしまい、せっかくの訪問が無駄になっていました。
そこで蒲田よしのクリニックとしては、スマホ経由でホームページに来られた方の利便性を向上させることを目指して、スマホ版のページを新たに作成することにしました。作業の進捗状況にもよりますが、5月中の開設を目指していますので、今しばらくお待ち下さい。


さて前回までのコラムで、水銀や鉛、カドミウム等の「有害重金属」を体外に排出するような生活上の工夫、それに食事などに関して説明しました。慢性疲労や神経障害など様々な体調不良をもたらす重金属は、自らの工夫によってある程度は排除することが可能なのです。
ところが実際には、一たん体内に取り込まれた有害重金属は、そうやすやすと体外に出て行ってはくれません。その量が半端ではないためです。仮に首尾よく排出できたとしても、環境要因などの影響でさらに体内に入ってきてしまうのが現実です。
従って多量に蓄積した重金属を効率よく排除しようと考えた場合には、食事などの日常的な工夫にも取り組みながら、医療的な手法で強力に重金属の排出を促したいものです。そのような方法の一つとして「キレーション療法」があります。

キレーションの語源は「カニのハサミ」で、ちょうど重金属のような有害物質をハサミで挟んで体の外に出す、というイメージで呼称されました。
キレーションは意外と古い歴史があります。1930年代には早くもドイツでEDTA(Ethylene Diamine Tetraacetic Acid)というキレート剤が合成され、当初は工業用に用いられました。
第二次世界大戦中には化学兵器のマスタードガスを解毒する目的で、BAL(2,3-Dimercaptopropanol)という解毒剤が用いられましたが、これは一種のキレート剤の役割を果たし、鉛中毒にも効果があることが分かりました。
ところがその後、BALには毒性があることが判明し、代わりに比較的安全なDMPS(2,3-Dimercapto-1-propanesulfonate)が用いられるようになりました。その一方で1940年代からはEDTAがガンや鉛中毒、心臓病などに用いられるようになっています。

今や米国などでは、重金属中毒のみならず、動脈硬化に起因する心臓や血管の病気、薬物や化学物質による中毒、さらにはアンチエイジングや美容目的などのために、市中のクリニックでキレーション療法が盛んに行われています。
日本に於いても遅れ馳せながら一部のクリニックでキレーション療法が行なわれるようになりましたが、西洋医学中心の病院や大学医学部の医師などの間では、まだまだ認知度が低いのが現状です。

キレーション療法を実施するにあたっては、体内に重金属がどれだけ蓄積しているかを評価する検査をあらかじめ行ないます。具体的には少量の毛髪を採取して、蓄積している重金属のスクリーニングを行なった後、対象となる重金属の誘発試験を実施して尿中の重金属排出量を評価します。
蓄積している重金属の種類とその程度が判明した後、キレーション療法に入りますが、重金属の種類によって使用するキレート剤が異なります。キレート剤によって吸着しやすい重金属が異なるためです。
重金属のうち水銀に関してはEDTAの効果はあまり高くなく、DMPSまたはチオプロニン(N-2-mercaptopropionyl glycine)が用いられます。
それに対して鉛はEDTAがたいへん有効で、それに次いでDMPSの仲間のDMSA(2,3-Dimercaptosuccinic acid)が用いられます。
一方でカドミウムはEDTAとDMPS、ヒ素はDMPSとDMSAが有効です。

このようなキレーション療法の効果を倍増させ、相乗効果をもたらすのが体を温める手法、とりわけラドン浴です・・(続く)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長 | 記事URL

詳しいアクセス・地図はこちらから