聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2012年10月22日 月曜日

諸病の原因「活性酸素」を強力に分解するラドンの大活躍(2)

(続き)・・そのように万病の元といえる活性酸素ですが、体の中には活性酸素を除去する酵素が備わっています。SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やGPX(グルタチオンペルオキシダーゼ)、カタラーゼなどといった抗酸化酵素です。これらの酵素が、体内に発生した活性酸素を速やかに除去し、病気や体調不良から我々を守ってくれているのです。

ところが我々現代人を取り巻く環境は、活性酸素を蓄積させる要素が目白押しです。食品添加物やタバコ、排気ガス、電磁波、ストレス、睡眠不足、偏った栄養、薬品など、それこそ枚挙にいとまがありません。抗酸化酵素がフル稼働しても追い付かないほど多量の活性酸素が作られていますし、一方で抗酸化酵素自体の働きも鈍くなってしまっています。

そのような背景のもとに、抗酸化酵素の働きを高めるような薬剤の開発が進められています。世界中の名だたる製薬会社がそのような薬剤の開発にしのぎを削っていますが、あらゆる薬剤は細胞膜を容易に通過することが出来ず、最大でも抗酸化酵素の働きを2%ほど上昇させるに留まっています。これでは充分に活性酸素を処理することは出来ません。

これに対して、ラドンは抗酸化酵素の働きを短時間で約1.5倍に向上させることが証明されています。薬剤が細胞膜を容易に通過できないのに対して、ラドンの放出するアルファ線はいとも簡単に細胞膜を通過し、抗酸化酵素の働きを一気に高めてしまいます。この結果、ラドンを浴びることによって活性酸素を効率的に処理することが可能となり、病気の改善や体調の回復に威力を発揮するのです。

前回のコラムで、インフルエンザの治療や予防にラドンがたいへん有効とお話しましたが、その理由の一つは、ラドンが活性酸素を有効に処理することによって体の免疫力を著しく向上させ、インフルエンザに対する抵抗力を充分に身に付けることが出来るからです。ラドンはインフルエンザに留まらず、一般の風邪や肺炎、尿路感染症、さらにはガンに対抗する力をもたらしてくれるのです・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから