聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2012年12月18日 火曜日

流行中の「お腹の風邪」にも威力を発揮するマイヤーズカクテル

(続く)・・最近、寒さが厳しくなると共に「お腹の風邪」がたいへん流行ってきています。発熱や鼻水など風邪としての症状も多少あるのですが、何よりも腹痛や下痢、嘔吐などの激しい胃腸症状が目立ちます。この風邪にかかった人は食欲がなくなり、腹痛に苛まれ、頻回の水様性下痢や嘔吐に見舞われるのです。そのため満員電車には乗れなくなり、脱水で起きているのも辛くなります。この風邪にかかって病院やクリニックを受診する人が後を絶たず、症状が重い場合は点滴を受ける人も少なくありません。

ところで、恥ずかしながら私自身も昨日、お腹の風邪にかかってしまいました。夕方になり急に腹部の重苦しさと寒気を覚え、風邪をひいたと直感しました。私が風邪をひくのは何年ぶりでしょうか。幸いごく早期なので水際で撃退できる可能性があるため、直ちに「早期治療」を開始しました。乳酸菌と葛根湯、ノニジュースを内服し、短時間ながらラドン浴を行ない、ホカロンで腹部を温めました。そして夕食もそこそこに床に就き、8時間以上も眠りました。

幸いなことに本日は昨日よりも症状が軽減していたものの、かなりのだるさを覚えました。そこで早めにクリニックに到着し、40分間しっかりとラドン浴を行ないました。その結果あっという間に体調は良くなり、昼過ぎには完治してしまいました。朝のうちに準備していた点滴「スーパー・マイヤーズカクテル」は結局、完治したために行なわず、ひどい結膜炎にかかったクリニックの女性事務員にプレゼントしてしまいました。あまりの回復の早さに事務員や看護師もあきれているほどです。

そのような訳で私は結果的に点滴をしませんでしたが、お腹の風邪で体調を崩して点滴をしに来た方が、本日も今のところ2名ほどいます。脱水を伴う胃腸炎には水分補給が欠かせませんが、水だけでなくビタミンやミネラルの補給も重要です。健康保険の利く点滴もありますが、それに含まれるビタミンの量はかなり限られており、明らかに元気が出るまでには至りません。自費診療にはなるものの、ビタミンやミネラルの豊富なマイヤーズカクテルの方が、パワーを補充する目的からはたいへん有効です。

実際に蒲田よしのクリニックでは、風邪や胃腸炎で脱水気味の方には点滴、中でもマイヤーズカクテルをお勧めしています。同じ点滴をした人であっても、保険の利く点滴やにんにく注射に比べて、マイヤーズカクテルの利き方はレベルが違います。早い人の場合、点滴をした後まもなく風邪が治ってしまうことも少なくありません。風邪をいち早く治してしまいたい方、風邪がなかなか治らない方、風邪やインフルエンザにかかった可能性がある方には、このマイヤーズカクテルがお勧めです・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから