聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年1月25日 金曜日

風邪やインフルエンザにお勧めの「点滴」:免疫力アップし水際で撃退!

(続き)・・ひどい風邪をひいてしまった、或いは本格的にインフルエンザにかかってしまった、という場合にはたいてい高熱が出て、体がとてもだるくなるものです。そのような時にもラドン浴は本質的にお勧めなのですが、現実にはラドン浴によって、一時的にせよ身体のだるさが増してしまう懸念もあります。またそうならない場合でも、熱がある時にラドンルームのようなホットな空間には身を置きたくない、というのが正直な感覚かも知れません。そのような場合には適切な「点滴」がお勧めです。

実際に蒲田よしのクリニックでも、ひどい風邪をひいたから、インフルエンザにかかったから、ということで点滴を受ける方は少なくありません。点滴の種類にもよりますが、点滴を受けた方の大半が「体調が良くなった」「症状が軽くなった」と実感しています。中には「点滴を受けたら、すっかり治ってしまった」などと、著効を示す方もいらっしゃいます。治ったという印象を持ったのが本当だとすると、「点滴が風邪を治した」とは断言できないにせよ、治癒過程を早めたことは充分に考えられます。

風邪やインフルエンザに、なぜ「点滴」は効くのでしょうか。風邪や脱水などの時に行なう点滴は、大雑把に言うと水、糖分または塩分、各種ビタミンから構成されています。場合によりカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが加わります。一言でいうと、水分および栄養成分から成り立っている訳です。従って、点滴が脱水や栄養バランスの乱れを是正して体調を整え、体力を回復させることは容易に理解できます。それでは風邪の治癒過程を早めるというのは、点滴のどの様な仕組みによるのでしょうか。

それは一つには、上記のようなビタミン等の栄養素が「免疫力」を向上させるためと考えられています。例えばマイヤーズカクテルなどの点滴にたっぷりと含まれるビタミンCは、白血球やリンパ球など免疫細胞を賦活し、風邪やインフルエンザなどのウイルスを駆逐するのに貢献しています。同時にビタミンCは活性酸素を除去する酵素を活性化するなど、強力な「抗酸化力」を備えています。これは細胞内免疫を活発にすることを通して、側面から免疫力を向上させることにも関与しています。

各種ビタミンB群やミネラルなど他の栄養素も含め、点滴はこれらを体内に直接取り入れることによって、迅速かつ効率的に体調を整え、免疫力を向上させることが可能となります。点滴の種類によっては、風邪やインフルエンザを水際で撃退することも夢ではありません。但しその効果はビタミンやミネラルなど栄養素の「投与量」に大きく左右されます。すなわち非常に良く効く点滴と、あまり効かない点滴とがあるのです。それではどのような点滴が風邪やインフルエンザに著効を示すのでしょうか・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから