聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年2月 7日 木曜日

ラドンの強力な助っ人・・プラセンタ&マイヤーズで花粉症を撃破せよ!

(続き)・・蒲田よしのクリニックがオープンし本日でちょうど1年3か月になります。オープン当初はラドン浴と一般診療のみでスタートしたのですが、正直言ってしばらくは患者の来院数が伸び悩みました。ラドン浴はたいへん効果があるのですが、一般の方々にはまだ馴染が薄いのです。その停滞を打ち破ったのが「プラセンタ注射」でした。来院してきた患者に要望される形でスタートしたプラセンタ注射ですが、結果的に大当たりでした。特にラドン浴と併用することで驚異的な臨床的効能を発揮しているのです。

そのプラセンタ注射ですが、実は私自身も「自己注射」しています。特に持病はないのですが、日々のハードな仕事に耐えるため(?)に、週2回くらいのペースで打っています。どうやら当院の看護師も自己注射しているらしいので、私もトレーニングを兼ねて自己注射しているのです。肝心の効果についてですが、注射したその日の夜はとても寝つきが良く、翌日も体がたいへん軽く感じます。時間がなくラドン浴が出来ないため代わりに行なっている要素もありますが、今ではすっかり止められなくなっています。

前回のコラムで、昨年の花粉症シーズンにはラドン浴が威力を発揮したと述べましたが、負けずに大活躍したのがプラセンタ注射です。数多い花粉症患者の中でも、ラドン浴とプラセンタ注射を併用した方々の殆んどは、花粉症の症状が著しく軽減または消失しました。ラドン浴に入らずにプラセンタ注射のみを行なった方も少なくありませんが、その場合でも半数以上に明らかな改善がみられました。ラドン浴との併用の有無にも左右されますが、プラセンタ注射が花粉症に素晴らしい効能を発揮するのは確かです。

プラセンタ注射に関しては、実に多くの病気や体調不良に効果が認められますが、中でも花粉症や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患には、速やかかつ持続的な効果をもたらします。統計によって差がありますが、およそ70%以上の症例には明らかな効果を認めています。プラセンタには免疫賦活作用、基礎代謝向上作用、自律神経調整作用などと並んで「抗アレルギー作用」という薬理効果が証明されており、これによってアレルギー体質そのものを改善するように働きかけているのです。

プラセンタ注射と並んで「点滴」も花粉症にはたいへん有効です。蒲田よしのクリニックでは花粉症の症状が辛い方に対し、即効性のある点滴として「マイヤーズカクテル」をお勧めしています。米国で日常的に行われているマイヤーズカクテルは気管支喘息、偏頭痛、蕁麻疹など様々な疾患に効能が認められますが、花粉症に対しても迅速な効果を発揮します。早い人の場合、点滴をしている最中に「鼻の通りが良くなった」「くしゃみがすっかり止まった」などの即効性を感じる方も少なくありません・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから