聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年2月28日 木曜日

健康や若返りに不可欠な「修復」!その鍵を握る「幹細胞」の威力とは?

(続き)・・蒲田よしのクリニックでラドン浴やプラセンタ注射、にんにく注射、マイヤーズカクテルなどの点滴を受けるのは男性よりも女性の方が圧倒的に多いのですが、中には定期的なラドン浴や注射を受けられる男性の方も少なくありません。その熱心さや研究心、知識の豊富さは女性をもしのぐほどです。その中でプロボクシング選手の男性がいらっしゃいます。彼は練習で疲れが溜まった時や試合が近づいた時などに、決まってラドン浴とマイヤーズカクテルを受けに来られます。そしてこうおっしゃいます。

「ラドン浴やマイヤーズカクテルを受けると本当に疲れが取れて、パワーが湧き出てくるんです。」実際にラドン浴や点滴を受けた後の彼の顔からは疲れの色が抜け、一段と精悍になった印象を受けます。またはっきりとは明言されませんが、練習の成果や試合の結果にも良い影響を与えている模様です。ハードなトレーニングをするアスリートは筋肉や関節などを酷使し最大限の成果を得ようとしますが、ラドン浴や各種注射、点滴は筋肉などの組織を修復し、疲労物質を速やかに除去してくれると考えられています。

去る24日(日)に行なわれた点滴療法研究会のスペシャルセミナーでは、まさにその「修復」がメインテーマとなりました。臓器や組織、血管、神経などの傷や病変をいかにスムーズに修復するかが、病気の治療や予防、さらにはアンチエイジングや美容などの効果を決定的に左右します。「修復」の遅延が関係する病気や機能障害は多岐に及びます。スポーツ選手の怪我や体力消耗、動脈硬化による心臓病や血管病変、脳卒中後遺症による神経障害、神経変性疾患、慢性関節リウマチなど枚挙に暇がありません。

我々が若いうちは怪我をしても治りが早く疲れも直ぐ取れるのに、年を取ると怪我の治りが悪く疲れが溜まりやすいのは、一つにはこの「修復」がスムーズに行われないためです。老化とともに様々な病気が増えるのも同じ理由からです。この修復に関わる重要な因子の一つが最近注目されている「幹細胞」です。幹細胞は骨髄で作られ全身に少量ずつ分布していますが、臓器や組織、血管、神経などが損傷を受けると速やかに損傷部位に集まり、修復を促す因子を分泌して、傷ついた部位を早期に修復しようとします。

幹細胞にはいくつかのサブタイプが存在しますが、例えば血管内皮細胞の基となるEPC(血管内皮前駆細胞)は、傷ついた血管の内側を修復して動脈硬化を軽減し、狭心症や脳梗塞などの血管病変を予防または早期治癒に導きます。このような幹細胞は年齢とともに減少することが知られていますが、少しでも減少を遅らせ、数を保つことは出来ないのでしょうか。それには食事などライフスタイル改善への取り組みとともに、幹細胞を劇的に増加させるサプリメントの開発、研究、臨床応用が国内外で進められています・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから