聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年3月29日 金曜日

安倍首相に学ぶ日本「敗者復活」事情の変化・・日本復活は本物か!?

(続き)・・本日29日の日経新聞に、四国の小さい町が「ゴールドラッシュ」に沸いている、という記事がありました。といっても山の中で金鉱脈が見つかったという話ではありません。
瀬戸内海に面した道路沿いに貴金属を買い取るお店があり、そこに金やプラチナ製の指輪やネックレスなどの装飾品を換金するため、近隣の町から訪れる人が急速に増えています。今年に入ってその勢いは強まり、買い取り額は前年比3倍以上に急増しました。
換金に訪れるのは60歳代前後の女性が大半ですが、最近の金価格の急上昇を受けて、大切に保存していた金製品などを換金する動きが俄かに拡がっています。得られた現金で新しいバッグを買ったり旅行に出かけたりと、消費に回す動きも同じようにみられます。

ドル建ての金価格は一進一退ですが、日本に於ける金価格だけは急上昇しています。その理由は「為替」です。円安が進んでいるために円建ての金価格が上昇しているのです。
値上がりしているのは金だけではありません。石油や原材料、食料品などの価格も軒並み上がってきています。今や「脱デフレ」から「インフレ」の芽が出始めています。
物価が上がれば生活は苦しくなるものですが、今の日本では物価高を懸念する声はあまり強くありません。むしろ脱デフレと「経済の再生」への期待が大きくなっています。
その影響もあり、「株」が急速なスピードで上がってきています。株高の恩恵も受ける形で、消費や投資が伸び始めているのです。

このような円安と株高を伴う経済の変革をもたらした一連の政策は、安倍総理大臣の名前を文字って「アベノミクス」と呼称され、今や国際的にも通用する用語となっています。
バブル崩壊後に「失われた10年」などと言われ経済の低迷が長らく続きましたが、ようやく日本経済は復活の過程に入ったといえるのでしょうか。
日本経済が本格的に復活するかどうかは様々な要因に左右されるため、まだまだ予断を許さないものがあります。しかし国民の間に一種の「明るさ」や「活力」が戻りつつあることは確かなようです。

そしてアベノミクスを推進している安倍総理大臣こそ、本当の意味で「復活」したといえそうです。
日本は昔から「敗者復活」し難い国、と言われてきました。政治家にせよ実業家、学者にせよ、一度大きな失敗や挫折、失脚をした後は、なかなか復活して来ないのが通例です。
歴代の総理大臣に関しても、一たん退陣した後に再度就任した総理大臣は、戦後に限っていうと吉田茂氏ただ一人です。
ただ最近は欧米並みに「敗者復活」を促し、若者などに政治やビジネスに対して果敢に挑戦させよう、という機運が盛り上がってきました。
安倍首相の「復活」はまさにそれを体現したものであり、日本の若者に大きな希望とやる気を与えたのは確実です。

それでは安倍氏を復活させた原動力は一体何でしょうか。
ご家族や支持者、政治家仲間の支え、政治家としての気概やビジョンなど様々な要因があるでしょうが、非常に大きな要因として「健康問題」が挙げられます。
週刊新潮の記事にもあるように、安倍氏は前回の首相在任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化して辞任に追い込まれましたが、今では完治に近い状態まで回復している模様です。通常「難病」とも称される潰瘍性大腸炎は、一般的な薬物療法だけではなかなか改善しません。
しかし安倍氏は「ラドン吸入療法」によって、健康面でも見事な復活を成し遂げたのです・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから