聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年7月11日 木曜日

ラドン+プラセンタ+点滴・・「蒲田流」美肌対策で猛暑の夏もバッチリ!

(続く)・・それにしても本当に暑いですね!皆さん熱中症や夏バテは大丈夫でしょうか?関東甲信地方を皮切りに、関東より西では一気に梅雨明けしました。例年より1~2週間も早い梅雨明けのようです。ジリジリと容赦なく照りつけてくる真夏の太陽から少しでも逃れようと、木陰を縫うように歩く人の姿が目立ちます。
最高気温は各地で35℃を超える「猛暑日」に見舞われています。埼玉県熊谷市や群馬県館林市のような、毎年のように「暑さ日本一」を競うような場所では、早くも37~8℃もの猛烈な暑さとなっています。暑いのは日中だけではありません。夜もあまり気温が下がらず25℃以上という「熱帯夜」となり、寝苦しい夜が続いています。

これだけ急激に暑くなると、やはり心配になるのが「熱中症」です。熱中症は著しい高温のために体温調節が破綻して生じる健康障害で、体温が40℃近くまで上がることがあり、適切な応急処置が必要となります。11日の新聞ではその前日、全国で1228人もの方々が熱中症のために救急搬送された、と報道されました。
一方で、いわゆる「夏バテ」にかかる人も続出しているようです。夏バテとは、暑さに伴う自律神経バランスの乱れや食欲不振、栄養バランスの破綻などを背景として出現する体調不良を意味しますが、蒲田よしのクリニックに於いても「夏バテ気味なので点滴を打ってくれ」などと駆け込んでくる方が後を絶ちません。

この暑さの中、熱中症対策が急を要しています。厚労省や気象庁、各医療機関などでは「熱中症情報」などを出して、熱中症にならないための取り組みに関して啓蒙活動を行なっています。日中の暑い時間帯は日なたを避け、水分をこまめに補給し、具合が悪い時には直ぐに医療機関を受診する、などと盛んに呼びかけています。
熱中症や夏バテを予防する上で、まださほど暑くない時期にはむしろ暑さに慣れるような取り組み、例えば適度な運動をする、サウナに入るなどが勧められます。ただこれだけ暑くなってしまうと、不用意な運動はかえって危険を伴います。天気予報や体調などと相談しながら、無理のない運動をしたいものです。


さて前回、蒲田よしのクリニックの7月からの新しい点滴メニューの一つとして、「美肌マイヤーズカクテル」が早くもたいへん好評であるとお話しました。米国生まれの秀逸な点滴療法である「マイヤーズカクテル」をベースとし、それに美肌成分をいくつか混ぜ合わせた点滴療法で、主として「美容」目的に新設されました。
この「美肌マイヤーズ」の特徴として、美肌に効果的であるのはもちろんのこと、体調一般の改善や病気の予防などにも威力を発揮する、ということが挙げられます。すなわち慢性の疲労、肩凝りや頭痛、関節痛、喘息、蕁麻疹、めまい、耳鳴りなど様々な体調不良に即座に対応し、その上で皮膚に対して有効な作用を発揮するのです。

「蒲田よしのクリニック」は基本的に内科のクリニックであり皮膚科ではありませんが、女性が来院者の8割以上を占めることも影響して、体調だけでなく肌の具合を改善したい、という要望がたいへん強いのが現状です。美容目的だけならば美容整形科などを受診するところですが、体調も美容も、という要望に我々は応える必要があります。
実際に来院者の方から問診をとると、男性も含めておよそ半数の方々は何らかの「お肌の悩み」を抱えています。内科ということもあり、大多数の方々は体調面の不具合や明らかな病気に見舞われていますが、それと伴に「肌荒れがひどい」「全身に痒みがある」「アトピーで治療中」などといった肌のトラブルを約半数の方が訴えるのです。

そのように体調面と並んで肌のトラブルを抱えた方々に対して、我々はどのように対処すべきか?蒲田よしのクリニックの開業以来、我々が取り組んできたことは一貫しています。それは皮膚の状態を整える前提条件として、皮膚の細胞の再生力を高めること、皮膚に流れる血流を豊富にすること、そして解毒力を向上させることです。
すなわち皮膚を上っ面だけ美しくしようとしても本物の効果は得られません。というのは、皮膚を支えている皮下組織や血管、神経などの状態を改善せず、不足している栄養素を補充せず、体内に蓄積している毒性物質を放置していては、皮膚の状態が根本的に改善し、真の美しさを入手することは出来ないからです。

蒲田よしのクリニックでは2011年11月の開業当時から「ラドン浴」に取り組み、数多くの疾患や体調不良、そして皮膚のトラブルに対処してきました。その効果は確実かつ迅速で、波状的にもたらされる様々な効能の中でも、皮膚には特に早期に効果が現れる傾向があります。これがとりわけ女性にラドン浴が受けている理由の一つのようです。
それに加えて2012年1月以降は「プラセンタ注射」や各種点滴療法を導入しました。プラセンタ注射は単独でも皮膚の状態を改善させ、美容効果が認められますが、ラドン浴と併用することによって著しい相乗効果が現われ、かなり深刻な肌のトラブルであっても、明らかな改善効果を示した症例は少なくありません。

現在、蒲田よしのクリニックに於いてラドン浴とプラセンタ注射の併用療法を定期的に行なっている女性は50人以上に及びますが、その殆んど全員といってもよい方々が、体調や皮膚の状態に何らかの改善を認めています。例えばプラセンタ注射単独で効果不充分だった方も、ラドン浴の併用によって確実に改善へ向かっています。
そのように定期的なプラセンタ注射やラドン浴に取り組みつつ、オプション的に「美肌マイヤーズ」などの点滴を行なう、というケースが増えてきています。すなわち体調や肌の具合が良くない時、または何か重要なイベントがある時の前などに、「今日は点滴もお願いします!」というリクエストが毎日のように入ってくるのです・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから