聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年10月28日 月曜日

諦めるのはまだ早い!遅発型フードアレルギーの適切な対処&治療法

(続き)・・3連休は皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか。所によっては雨や寒さに祟られたかも知れませんね。私は久しぶりに沖縄へ行きました。といっても観光ではなく学会への出席で、しかも終わったらトンボ帰りで直ぐに帰ってきました。そのため時間さえあれば2~3日くらいは滞在したかったな・・とも感じました。
それにしても沖縄は暖かい、というか暑いくらいでした。概ね晴天だった影響もありますが、シャツ1枚でも汗ばむほどで、スーツなどとても着ていられないほどでした。学会出席者やパネリストの中にはアロハシャツのような軽装の方も目立つほどでしたが、沖縄という土地柄からか、全く違和感がないほど会場の雰囲気に溶け込んでいました。

今回の学会は「胎盤臨床医学会」の秋季大会でした。これはプラセンタ注射を始めとする「胎盤エキス」の医学的な活用方法を研究する医学界で、毎年春と秋に開かれます。このうち春に東京で、秋に地方で開かれるのが通例となっています。地方としては昨年秋に京都、一昨年秋に仙台で開催されました。
会の規模や出席者数は年々増加してきています。これはプラセンタ注射などの製剤が、年々3~5割のペースで市場規模が拡がってきていること、プラセンタ注射の認知度が向上してきていることなどの影響がある模様です。また今年度、小規模な「研究会」から、財団としての「学会」に格上げとなりました。

プラセンタや胎盤に関する基礎的および臨床的な知見は、急速な勢いで積み上がってきています。一言でいうと、素晴らしい臨床的効果が改めて確認され、ますます医師や研究家などの注目度が上がってきている、といった印象です。今一つ不明瞭とされた作用機序に関しても、少しずつ全貌が明らかとなってきました。
この学会でのディスカッションを含め、プラセンタをめぐる最近のトピックスに関しては、日を改めてお話したいと思います。


さて本日は「遅発型フードアレルギー」が見つかった場合の対処法と治療法について説明します。

○遅発型フードアレルギーの治療・・①アレルゲンの忌避

遅発型フードアレルギーの原因となる食材が判明した場合、その食材を一定期間にわたって「避ける」ことが先ずは重要です。その食材を体内に入れないことによって、アレルギー症状を抑制できるばかりか、一定期間が経過した後には、その食材に対するアレルギー反応が格段に起こりにくくなります。
アレルギー反応が強い場合には、その食材自体はもとより、その食材を用いた料理や加工食品も含め徹底して忌避することが肝要です。例えば卵にアレルギーがある場合、卵そのものはもちろん、卵を用いた料理や、卵を「つなぎ」として用いた食品を含め、幅広く忌避することが必要となってきます。

○遅発型フードアレルギーの治療・・②腸内環境の改善

遅発型フードアレルギーを引き起こしやすい人体側の要因として、「腸内細菌叢」の乱れと、腸管壁からの栄養素の吸収に異常をきたす「リーキーガット症候群(LGS)」が挙げられます。
腸管内には夥しい数の腸内細菌が生息しており、大別して乳酸菌などの「善玉菌」とウェルシュ菌などの「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌」に分類されます。健康な時は善玉菌が優位ですが、体調や免疫力が低下している時には悪玉菌が優位となり、腸内環境が悪化して様々な悪影響が現れます。
一方で腸管壁に異変が生じ、消化し切れない大きな分子の栄養素までもが吸収されてしまうのがLGSです。大き過ぎるタンパク質などの栄養素は人体にとって異物であり、抗体(IgG)を産生して排除しようとします。その結果、特定の食材に対する遅発型フードアレルギーが惹起されるのです。

遅発型フードアレルギーを改善させるポイントの一つは「腸内環境の改善」です。言い方を換えると上述の善玉菌を活性化し、腸管壁を健全なものにするような取り組みです。
具体的には、食生活の上で有害なものを排除し、野菜や果物、発酵食品などを豊富に摂取することです。また腹部を中心に体を温めることも大切です。

③遅発型フードアレルギーの治療・・ラドン浴と乳酸菌製剤
当院に於いては、腸内細菌を活性化し腸内環境を改善させる効果の高い、良質な「乳酸菌製剤」をご用意しています。またラドン浴はアレルギー軽減と腸内環境を改善させる効果がたいへん高く、フードアレルギーの方にもお勧めしております。

次回からは「有害重金属検査」および「キレーション療法」について説明します・・(続く)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから