聞き上手院長のたまには言わせてブログ

2013年11月25日 月曜日

ガン再発予防も期待!ラドン浴との相乗効果もある免疫細胞BAK療法

(続き)・・朝晩の冷え込みが強まり、本格的な冬がいよいよ近付いてきました。それに伴い、冬の野菜や果物がたくさん出回っております。冬の食卓を彩る果物の代表であるミカンやリンゴも、スーパーなどの店舗では所狭しと並べられており、値段的にもかなり安く売られるようになってきました。
私もミカンやリンゴは大好きで、一年中でも食べたい果物です。今は夏場でも輸入物やハウス物が売られていますが、味や香り、色つや、それに値段などの点で、やはり「旬」のものが一番ですね。
ミカンなどに限らず、旬の野菜や果物は栄養価の点でも優れています。ビタミンやミネラル、それにポリフェノールをはじめ各種抗酸化成分などの栄養素が、ハウス物などに比べ段違いに多いのです。

寒さが厳しくなるに従って、風邪がますます流行ってきました。蒲田よしのクリニックでも、発熱や咳、鼻水など風邪症状を訴えて来られる方が日増しに増えてきています。典型的な感冒の他に、「お腹の風邪」も流行ってきました。腹痛や下痢、食欲不振など胃腸の症状が目立つもので、急性胃腸炎などと診断されます。
風邪だけでなく、一部の地域ではインフルエンザの流行が始まっており、早くも学級閉鎖なども出ている模様です。高熱が出たということで、インフルエンザの迅速検査を希望する方もチラホラおります。インフルエンザワクチンは10月から実施していますが、ワクチンを受ける方の人数は、今がまさにピークの様です。

風邪やインフルエンザのシーズンになるといつも感じるのですが、風邪への「かかりやすさ」には大きな個人差が存在し、一冬に何回もかかってしまう人と、滅多にかからない人とが確実に存在します。
インフルエンザの場合、ワクチンを打たないのに1回もかかったことがない人がいる一方で、毎年のように打っているのにかかってしまうという人がいます。その差は一体どこから生じるのでしょうか。

大きな理由の一つは「免疫力」にあります。免疫力が強ければ、ちょっとした流行でも簡単にかかることはなく、もしかかったとしても軽症で済む傾向があります。反対に免疫力が弱ければ、しょっちゅう風邪をひいたり、なかなか治らずに長引いたりします。このような方ではワクチンもあまり効かないのです。
免疫力を向上させるためには、一つには新鮮な野菜や果物をたくさん食べることが大切です。特に冬場はミカンなどの美味しい果物が豊富です。ミカンやリンゴをたくさん食べる人は風邪にかかりにくいことが経験的に知られており、また統計的な裏付けもあります。風邪予防のためにも、ぜひ果物をたくさん食べましょう。


さて今回は新メニューの一つである「免疫細胞BAK療法」に関する説明の続きです。

○前回ご説明したような数々の優れた特徴を持つBAK療法は、実際の臨床に於いても群を抜く治療成績をおさめています。進行ガンを含むガン患者のうち、免疫力が保たれている群では76%の患者に効果があった、という統計があります。内訳は完全寛解および部分寛解が14%、長期不変が62%で、計76%が有効でした。抗がん剤などの標準療法や、従来型の免疫細胞療法の治療成績を上回る結果といえます。
またBAK療法は優れた延命効果が認められています。ガンの種類により差がありますが、全ての固形ガンの平均で49.2ヶ月という並外れた生存期間が得られました。すなわち4年を超える「長期生存」で、これは進行ガンとしては異例といえます。さらにBAK療法はガンの優れた「再発予防効果」も認められております。

○BAK療法の実際の流れ

治療内容はいたってシンプルです。血液を採取し2週間かけて培養し、点滴投与にて体内に戻します。入院する必要はなく、通常の仕事や生活を続けながら治療を受けることが可能です。採血に要する時間は数分、点滴に要する時間は約1時間です。
1回の採血量は培養用が20ml、検査用が12mlの合計32mlです。採取した血液は、当院が責任を持って専門の培養機関へ輸送し、培養した血液は同様に培養機関が責任を持って当院へ輸送します。但し輸送費は患者様にご負担を頂くことになっております。ご了承ください。

この採血→培養→点滴という2週間単位の流れを、1か月に1~4回の頻度で12回継続することが推奨されています。例えば2週間に1回の頻度で治療を行なった場合、約6か月間の治療期間となります。これで1クールとし、1クール終了時に医師との相談により2クール目以降の治療計画を立てます。

○BAK療法の対象となる疾患

BAK療法では、血液中の免疫細胞を培養する関係上、白血病や悪性リンパ腫など血液の悪性腫瘍は対象外となります。これら血液の悪性腫瘍を除いた「全ての固形ガン」をBAK療法の対象としております。
なおHIV・HTLVウイルス陽性の方はお断りさせて頂いております。B型・C型肝炎ウイルス陽性の方は治療が可能です。

○BAK療法 料金(1回あたり)
培養費 230,000円
管理費  30,000円
輸送費  2,700円

○ラドン浴や高濃度ビタミンC点滴療法との相乗効果

当院で行なっているラドン浴療法は、体を芯から温めて免疫力を向上させるほか、ガン細胞の抗原性を向上させて免疫細胞による攻撃を受けやすいように働きかけます。従ってラドン浴とBAK療法との間には相乗効果が認められます。
一方で高濃度ビタミンC点滴療法は過酸化水素(H2O2)によりガン細胞を攻撃することにより、やはりガン細胞の抗原性が向上し免疫療法による攻撃を受けやすいように変化します。また免疫力がたいへん高くなるのはラドン浴と同様です。
当院ではBAK療法とラドン浴、高濃度ビタミンC点滴療法との併用をお勧めしています。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 蒲田よしのクリニック 院長

詳しいアクセス・地図はこちらから