栄養療法

ガンに対する分子整合栄養療法

ガンと栄養の重要な関係

ガンは進行性の消耗性疾患であり、ガンが増大あるいは転移していくに従って、身体は痩せ衰え衰弱していきます。
ガン自体というよりも、身体の衰弱や栄養失調によって命を落とす方が少なくないのです。よってガンに治療に当たっては、ガンのコントロールと並んで、栄養バランスや体力の維持、強化が不可欠です。

ガンが存在する際には、特徴的な代謝の状態となることが知られています。ガンは糖質を主な栄養源とするため、身体のタンパク質を糖質に変換してエネルギーとしています(糖新生)。すなわちガンが進行するにつれ、身体のタンパク質はガンによって食い潰されてしまうのです。

ガンに利用されるタンパク源の代表格は筋肉と血液です。そのため身体は痩せ衰え、体重や体力が日に日に落ちていきます。一方で赤血球のヘモグロビンが破壊されるため貧血が進行し、倦怠感や息切れ、心不全などに悩まされます。ひどい時には輸血が欠かせなくなります。
ガンによる代謝の変化は脂質や糖質、微量栄養素にも及びます。脂質が分解され糖質に変換されるため皮下脂肪も減少し、体重減少に拍車をかけます。糖質がガンによって消費されるため低血糖にも見舞われます。その他ビタミンやミネラル各種の欠乏、脱水などを招きます。

ガンによる栄養失調を防ぐ「分子整合栄養療法」

ガン特有の代謝や栄養の状態を改善し、症状を好転させる治療の一つが「分子整合栄養療法(オーソモレキュラー・メディスン)」です。これは必要とされる栄養素を必要かつ充分な量で補給することにより、身体にとって有利かつガンにとって不利な代謝状態に変化させることを狙った治療法です。

必要な栄養素を充分に補給することで、免疫力を向上させ、ガンに伴う慢性炎症や脱水、アシドーシス(酸性の状態)を解消し、ガンが生存しにくい環境に変えることができます。また体重の減少や体力の低下を抑制し、ガンに立ち向かう「自然治癒力」を向上させます。

それではガン患者に不足しやすい、必要性の高い栄養素としては、どのようなものがあるのでしょうか。ガンの進行度や食欲低下の有無などによって個人差がありますが、次のような栄養素の補給が必要かつ有効とされています。

・ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ベータカロチン、ビタミンK

・亜鉛、ヘム鉄、カルシウム、マグネシウム、銅、セレン

・エイコサペンタエン酸(EPA)、アルファリポ酸、各種アミノ酸

分子整合栄養療法の実際

ご本人の病状や体調、体重の変化、食欲の程度などを勘案し、必要性の高い栄養素を推測します。その上で血液検査を行ない、ビタミンやミネラル、アミノ酸など不足している栄養素を特定します。

栄養状態を改善する上で最も基本となるのは「食事」です。不足しがちなアミノ酸やビタミン、ミネラル等を補給し、ガンに対する抵抗力をつけるような食事法について医師がアドバイスします。

ただ実際には、必要な栄養素を食事だけで全て補うのはむずかしく、現実的ではありません。食欲が低下している場合にはなおさらです。そこで必要な栄養素を充分に配合した、良質なサプリメントを内服することが有効です。

別に記載した「高濃度ビタミンC点滴療法」も、実は優れた分子整合栄養療法の一つです。これは大量のビタミンCを点滴で補給することによってガンに対する免疫力を劇的に向上させる治療法ですが、これと各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を充分に補給することが、ガンに対する総合的な抵抗力を身につけることに直結します。

当院で推奨するサプリメントについて

世の中には無数ともいえるサプリメントが出回っていますが、中には粗悪品や誇大広告の商品も少なくありません。そのような中から、我々は一体どのような基準で優れたサプリメントを選べば良いのでしょうか・・・。

第一に必要なのは、自分に「合った」ものであるということです。言い換えると、自分に不足している栄養素をまんべんなく含有しているサプリメントであるという点です。
それを満たすために当院では、医師が問診と血液検査を行なって不足している栄養素を特定してから適切なサプリメントをご提案しています。

次に必要なのは、必要な栄養素を充分に含有しているということです。その点、当院で第一に推奨している米国製のサプリメントは、ビタミンやミネラル、アミノ酸、抗酸化成分などの栄養素の「含有量」が並外れて多いのです。そのために効果の現れ方がたいへん早く、好評を頂いております。

さらに「安全性」がたいへん高いということが必要です。この米国製のサプリメントは医薬品向けの厳格な基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)に則り、安全性を何より重視した製造が行なわれています。そして一般の薬局などでは販売しておらず、医療機関で医師の管理下でのみ投与が行なわれています。

詳しいアクセス・地図はこちらから