ホーム > 痛くない新しいがん治療ラドン浴

痛くない新しいがん治療ラドン浴

ラドン浴とは?

ラドン浴のイメージ

そもそもラドン浴の「ラドン」とは、簡単に言うならばα線という放射線の一種です。

おおもとは放射性物質である「ラジウム」と呼ばれるもので、これが空気中に放射線を放出しながら崩壊して「ラドン」という気体に変化します。
空気中にある「ラドン」は吸い込むことで肺に入り、肺から血液を巡って全身の細胞に働きかけます。

体内に入る際に「ラドン」はα線という放射線物質に変化するのです。
この「ラドン」を吸入することをラドン浴と言います。

多くの難病やがんの病気を抱えた患者が訪れることで有名な秋田の玉川温泉や鳥取の三朝温泉ではこのラジウム濃度の高い温泉に湯治することでラドンガスを体内に取り入れ、治癒を促進しているという仕組みになるのです。

何故ラドンはがんに効くのか

先ほど説明した、ラドンガスが分解されて発生するα線という放射線の一種ががんやその他の病気に対して有効な働きかけをしてくれます。

主な役割としては、人間の体が栄養を燃焼させるときに発生させる「活性酸素」というものを除去してくれることが挙げられます。
「活性酸素」は生きていく上で発生を防ぐことはできないものなのですが、これが体に悪さをするのです。

活性酸素は体内の組織や細胞、血管を酸化させ、様々な病気を引き起こし、老化を促進させます。またガン細胞は活性酸素の影響により正常細胞が突然変異して発生するものだとも言われており、私たちにとっては活性酸素を体内に貯め込まないようにすることが非常に重要なのです。

そこで体内に発生してしまった「活性酸素」を除去してくれるのがα線になります。α線は体内で細胞に大きなエネルギーを働きかけて、「活性酸素」を除去してくれる酵素を生成してくれます。そして更に、がんを抑制させる遺伝子を活性化させてくれるのです。
この「活性酸素」を除去する力はラドンの他にどんな薬物も叶わないと考えます。

ラドンの安全性

ラドンの安全性
先ほどから何度も「放射線」という単語を引用していますが、この言葉だけを聞くと、一見ひどく危険なものだと皆さんは考えるかもしれません。
確かに放射線は、大量だと危険な物質です。
ですが「微量の放射線」を体に浴びると、むしろ健康上の優れた効果をもたらしてくれるということは、これまでの数多くの研究の中で立証されているのです。
これを専門用語では「低放射線ホルミシス効果」と呼んでいます。

また私たちは普段から自然の中で微量の放射線を浴び、微量の放射線を含む食べ物を食べて生活して生きています。
しかしこの微量の放射線を浴びて取り入れているからといって体に何か悪影響を及ぼしているということはありません。
それは生活している皆さんも周知のことだと思います。

実際に自然放射線レベルの高い地域が国内外で知られていますが、そこの住民の間でガンなどの発生率が高いかというとそんなことはなく、むしろ周囲の地域よりも発生率が低い傾向さえみられるのです。
怖いのは高濃度のものを一度に一気に浴びるからであり、低濃度の放射線を長い時間をかけてゆっくり浴びていくことは体に良い影響をもたらしてくれるのです。

またラドン温浴療法の効果は、ルーム内のラドン濃度によっても善し悪しが左右されます。
そのなかで当院のラドンルームは非常にハイクオリティなものを設置しており、一般社団法人ホルミシス臨床研究会の認証を得ております。

治療の流れ

微笑む女性のイメージ

<ラドンルームへ入室>
当院のラドンルームでは、湿度80~90%、38℃の室内で横になって40分間ラドンガスを体に取り入れます。
肺から血液中にラドンガスが溶け込まれ、血液の流れに乗って全身の細胞に行き渡り、様々な健康上の効能をもたらします。
ラドンルームは3名が入室することができ、医師の診察を受けた後、予約制で入浴が可能です。

効果が出る早さには個人差がありますが、早い人では初回から、通常では2~3回目くらいから
「頭痛や腰痛が軽くなった」「疲れにくくなった」「夜よく眠れるようになった」「イライラしなくなった」「肌がスベスベしてきた」
などの明らかな体感が現れます。

がんの方の場合、上記の自覚症状のほかに腫瘍が小さくなった、がんによる痛みが軽くなった、などの直接的な効果が遅かれ早かれ現れてきます。
ただその速さや程度は、その方の病状や体力、年齢、ラドンへの感受性などによって大きく左右されます。
治療の頻度は病状や体力によりますが、最初の3ヶ月間は週2回もしくはそれ以上の頻度で、集中的に取り組むことをお勧めします。

その後は経過が良ければ半年までは週1~2回、1年までは週1回程度、2年目以降は1~2週に1回程度と、次第に頻度を減らして継続治療します。
本当に病状が良くなった後でも、体調管理や再発防止の意味からラドン浴を続けることをお勧めしています。


詳しくはこちら

効果が確認されている病気

●治療実績がある、または効果が確認されている疾患
慢性関節リウマチ 
脊椎炎および腰痛 
関節炎 
気管支ぜんそく 
アトピー性皮膚炎 
各種がん 
糖尿病 
各種肝炎
アルツハイマー病 
パーキンソン病 
老人性痴呆の進行防止 
その他多数の疾患

有効性が確認されているがん
白血病 
悪性リンパ腫 
前立腺がん 
乳がん 
子宮がん 
すい臓がん 
胃がん 
肺がん
大腸がん
肝臓がん 
腎臓がん 
脳腫瘍、
卵巣がん 
骨肉腫 
食道がん 
メラノーマ
その他多数のがん・肉腫

超高濃度ビタミンC点滴との併用

当院では超高濃度ビタミンC点滴との併用をお薦めしております。
注射のイメージ

当院では各種点滴・注射治療をラドン浴と併用して治療して頂くことをお薦めしております。
この二つの併用によって更なる相乗効果が見込まれているからです。

がん患者様に超高濃度ビタミンC点滴とラドン浴を同時に使用することで、がん細胞に対する免疫力をより強力に向上させ、がん病巣の拡大の制御や縮小、痛みの軽減などQOL(生活品質)向上に寄与することが期待されます。

注射や点滴と一緒にラドン浴を併用して、めざましい臨床的効果が得られた事例は実際に少なくありません。

詳しくはこちら

ラドン浴の費用


ラドン浴  1回

3,500円(リネン代込) 
初回、医師による健康チェックを受けていただきます。 (初診料1,000円)

カウンセリング

カウンセリングも行っていますので、お気軽にお問合せ下さい。
※内容によって時間、診察料が変わります。


詳しいアクセス・地図はこちらから